2019ドマーネSL5ディスク真横から

2019 TREK Domane SL5 Disc(トレック ドマーネSL5 Disc)¥281,000(税抜)

ドマーネSL5にディスクブレーキモデルが新登場!ブレーキタッチが軽く、長距離でも下り坂でも、急に止まりたいときでも安心感が違います。

もともと衝撃吸収性が高いと定評のあるドマーネSL5ですが、ディスクモデルならば32Cという太めのタイヤが装着されていて、クッション性も安定感もさらにアップ。メインコンポのシマノ105の新型にも注目です。

2019年モデルのドマーネSL5 Discの注目ポイント

衝撃吸収に優れるISOスピード搭載フレーム

Domane SL5ディスクはなんといってもISOスピードというドマーネ独自の技術が搭載されているのが大きなポイントです。

フロント側で上半身の疲れを軽減

ドマーネSL5ディスクのフロントISOSPEED前輪から上半身に伝わる衝撃を緩和するために、フロント(ヘッドチューブ内)にフォークコラムがしなりを出せるようなISOスピードという構造を取り入れています。道路状況にかかわらずいつでも安定感のあるハンドリングが可能に。

リア側でお尻への突き上げを軽減

ドマーネシリーズ登場の当初からの構造「リアISOスピード」ももちろん取り入れられています。いまやマドンなど他のシリーズにも採用されているトレック独自のフレーム技術です。

ドマーネSL5ディスクのリア側のISOSPEEDトップチューブとシートチューブを独立させて、縦方向のしなりを出すことで、乗り手側にとってかなりのアドバンテージになります。実際、エモンダと比較しても、明らかにお尻への突き上げが少なく、路面のゴツゴツした場所や多少の段差でもサドルに座った状態で安定してペダルを漕ぎ続けることができます。

ロードバイクに慣れてきたら半日かけて出かけるなんてことも増えてきます。ドマーネSL5ディスクは体への負担を減らして、疲れの出てくる後半戦に余裕が生まれるかもしれません。

ドマーネSL5ディスクのシートマスト構造

サドルはロングライド向きなArvada comp

ドマーネに試乗してみると分かるのが、安定感の高さです。出だしやしっかり踏み込んだときにもふらつきがない、下りなどスピードの出ているシーンでも重心移動に余裕があるといった感じ。安心して身を任せることが出来ると感じていただけるのが、ドマーネシリーズ共通の特徴といえます。

OCLV500カーボンで乗り心地と剛性を両立

いろんなところがしなるのは分かったけれど、それって力が逃げているんじゃ…という疑問を持った方もいると思われますが、決してそうではありません。

ドマーネSL5ディスクを斜め前からカーボンフレームはカーボンシートを重ねて熱で成形するものですが、必要なところに厚みを出したり、繊維の方向を変えて強度を増したりと、フレーム成形の自由度が高いものです。だから力がかかる部分は力が逃げないようになっています。

ドマーネSL5 Discのフレームはトレックの高圧縮低間隙のOCLVカーボン500シリーズを使用。いまでこそ、カーボンのエントリーグレードという位置づけですが、少し前まではミドルグレードだったものですから、ずいぶんとハイスペックなフレームが手頃な価格で手に入るようになったものです。

ドマーネSL5ディスクを斜め後ろからOCLV500シリーズのカーボンは軽く、剛性もほどよいため、ロードバイクが初めての人にも乗りやすく、また走力のある方でも力のかかる部分はしっかりとしなりを押さえてくれるため、アルミロードバイクやクロスバイクからの乗り換えにもオススメです。カーボンフレーム、数時間走り続けるときに、不快な振動をしなることで和らげて、体への負担を最小限に抑えてくれます。

OCLVカーボンについてもっと詳しく知りたい方はこちらの記事がおすすめです。

ディスクブレーキ搭載のメリット

少ない力でしっかりブレーキがかかる

シマノ105の油圧ディスクブレーキ近年、増えつつあるディスクブレーキ搭載のロードバイク。油圧ディスクブレーキは、少ない力でブレーキの制動力を生み出すことができるため、疲れにくく、バイクコントロールもしやすいです。

下り坂などブレーキをかけ続ける必要のあるシーンなどでもラク。また、ブレーキの効きが雨などの天候に左右されないというのも特徴です。いつでも制動力が落ちないというのは、安心感につながります。ドマーネSL5ディスクは、ブルベなど昼夜問わず天候問わず乗る方に向いています。

ホイールの軸が太くなりさらに安定感が増す

ディスクブレーキの場合、車輪の軸が太いスルーアクスルが採用されます。軸が太くなることでホイールの剛性感がアップし、体重をかけても車体がブレることなくパワーのロスが少ない感じがします。ブレーキの効きだけではなく、安定感のある走りにもつながっているのです。

太いタイヤがはける

アフィニティTLRホイールに32Cタイヤ装着ドマーネSL5 Discに標準装備されるタイヤは700×32C。最近ではリムブレーキタイプでも28Cまではけるものは増えていますが、ディスクブレーキはさらにタイヤの太さの選択肢が増えます。軽快さよりも、乗り心地や安定を重視したいという方にはぴったりです。

ディスクブレーキのロードバイクについて詳しくはこちらの記事「ディスクブレーキのロードバイク疑問点を一挙解決」もおすすめです。

新しくなったシマノ105を搭載

新型シマノ105の油圧STIレバー2019年モデルのDomane SL5 Discは、モデルチェンジをしたシマノの105のコンポを搭載しています。シマノの105は上位グレードであるデュラエース、アルテグラと同じリア11速で、操作性や価格を考えてもロードバイクをこれから始めたいという方にもおすすめのコンポです。

シマノ105のリアディレーラーSTIレバーもシマノ105グレードで統一。フロントの変速機はコンパクトになり軽量化、リアの変速機はシャドータイプといって、横への張り出しが少なくなり、転倒などのトラブルでも変形しにくい形状に進化しました。ドマーネSL5ディスクはロングライドにも、はじめてのロードバイクにも安心なパーツ構成になっています。

フェンダーやキャリア等各種マウントも多数

Domane SL5 Discのフレームにはフェンダーの装着やキャリアの装着に便利なマウントがフレームに多数あります。荷物を積んで旅仕様にカスタムしたり、雨天時用にフェンダーを装着したり、使い方によってさまざまなカスタムが可能です。

サイコンのセンサーもフレームに内蔵可能

TREKのほとんどのバイクには、デュオトラップSという専用のサイクルコンピューターセンサーが内蔵できるようにフレームに穴が設けられています。チェーンステーの内側なのでセンサーを取付けても目立たず、スマートな装着が可能です。ネジで固定するので、結束バンドで留めるタイプのセンサーよりもずれにくくなっています。

デュオトラップSセンサーはせっかくTREKのバイクに乗るなら、ぜひ取付をしたいアイテムです。

ドマーネSL5 Discの重量とスペック

カラーDnister Black/Viper Red
サイズ44,47,50,52,54,56,58cm
フレーム500 Series OCLV Carbon, Front & Rear IsoSpeed, E2 tapered head tube, BB90, direct mount brakes Power Transfer Construction, hidden fender mounts, internal cable routing, 3S chain keeper, DuoTrap S compatible, Ride Tuned seatmast
フォークDomane carbon disc, carbon tapered steerer, flat mount disc brakes, 12mm thru-axle
ホイールBontrager Affinity Tubeless Ready ,Bontrager alloy sealed bearing, 12mm thru-axle
コンポーネントShimano 105, 11 speed
重量9.39kg(サイズ56㎝)

フレームサイズ選びが大事

ロードバイクは自分の身体に合ったフレームサイズを選ぶことがとても大事です。長時間乗り続けることができるよう、身長や股下、柔軟性に合わせて無理のない体勢を整えることが基本です。

ご購入検討時、サイズフィッティングはバイクプラス各店で無料で行っております。また乗り慣れていくうちに、ハンドルを低くしたい、パーツ交換をしてハンドルを遠くしたい、近くしたいなどフィッテイングに関することは1年間再調整工賃無料です。パーツ代は別途かかりますが、ご購入後のアフターサポートもお任せください!

こちらの記事もよく読まれています!