2019トレック クロケット5ディスク 真横の画像

2019 TREK CROCKETT 5 Disc(クロケット 5 Disc)¥200,000(税抜)

トレックのクロケットは、未舗装路はもちろんのこと普段の舗装路でも快適に走行できます。まさにオールラウンドモデル!クロケット5ディスクについて詳しくご紹介していきます。

未舗装路以外でも活躍するクロケット!

トレック最軽量アルミフレーム採用

トレックで一番の軽さを誇るのはAlphaアルミニウム300シリーズ。これがクロケットに採用されています。極限まで薄く、そして走行に十分な高度を併せ持った最高のアルミフレームに仕上がっています。

悪路の走行や、担いで運ぶ動作も伴うシクロレースでの活躍はもちろん、普段の通勤や舗装路でのライドも軽快に走ることができます!

2019トレック クロケット5ディスクに採用されているAlphaアルミ300シリーズの表記を上から撮影

機械式ディスクブレーキ

クロケットのブレーキは機械式のディスクブレーキです。昨今、油圧式のディスクブレーキが増えてきていますが、トラブルの多いシクロクロスではワイヤー引きのものであればメンテナンスがしやすく、また、入手時も安価なので手に入りやすいのが特徴です。

ディスクブレーキって実際にどうなんだろう?という方は下記のブログをぜひ参考にしてください。

ディスクブレーキロードの疑問点一挙解決

2019トレック クロケット5ディスクのメカニカルディスクブレーキを横から撮影

フレーム内蔵ワイヤー

ワイヤーはフレーム内蔵で見た目がすっきりと収まっているだけではなく、泥はねや障害物との接触によるワイヤーの損傷を抑えることができます。ツーリングで荷物を引っかける時もワイヤーが出ていない方が難なく取り付けることが出来ますね。

2019トレック クロケット5ディスクのダウンチューブ内蔵式ワイヤー

安心のキーパー付き

フロントチェーンリングには、脱落防止のキーパーが初めから搭載されています。激しいライドではチェーンが揺さぶられ落ちるケースがありますがこのキーパーがあれば脱落の心配せずのびのびと走行が可能です。

また、フロントはシングルギアです。シングルギアになることにより変速操作が必要なくなり、これもまた脱落原因の解消に繋がります。

2019トレック クロケット5ディスクのフロントチェーンリングキーパーを上から撮影

その他オフロードモデル

クロケットの他にも、オフロード走行が可能なモデルがありますので気になる方はご覧ください!

未舗装路も走行できるロードバイクシリーズ

車体詳細と重量

カラーMatte Dnister Black
サイズ47,50,52,54,56,58
フレーム300 Series Alpha Aluminum, tapered head tube, BB86.5, flat mount disc brakes, 12mm thru-axle, Stranglehold dropouts, internal cable routing, 3S chain keeper
フォークTrek IsoSpeed Cross full carbon disc, tapered steerer, flat mount disc brakes, 12mm thru-axle
ホイールBontrager Affinity Tubeless Ready Disc
コンポSRAM Rival 1, 11 speed
重量8.96kg(56サイズ)

無料フィッティングサービス

バイクプラスでは、無料のフィッティングサービスを行っております。車体を購入する際に、モデル、カラーリングを選んだ次にフレームサイズを確定させなければいけません。また、在庫残り僅かの時にフレームサイズを知っておくと電話などでも在庫状況をお伝えするなどの対応もできたりするので、ご来店して頂いた際に測定しておくと良いかと思います。
フィッティングの重要性について、いまいちピンと来ていない方はこちらの、フィッティングについてまとめた記事をご覧くださいませ。また、疑問点については店頭スタッフにお尋ねください。

サイズフィッティングを行う際は、予約制ではございませんのでお気軽に店頭まで足をお運びください。お声掛け頂ければいつでも対応させていただきます。15~20分ほどお時間を頂きフィッティングをします。また、実際に自転車に跨っていただきますので動きやすい服装や靴が望ましいです。

それではみなさまのご来店を心よりお待ちしております。

こちらの記事もよく読まれています!