チェックポイントSL5真横からの画像

2019 TREK Checkpoint SL5(チェックポイントSL5)¥297,000(税抜)

TREKのグラベルロードのラインナップ『Checkpoint』(チェックポイント)が2019年モデルで登場!これまでのロードバイクと違い、太いタイヤを装着できて砂利道やあぜ道など未舗装路も走りやすいのが大きな特徴です。

このページではフルカーボンフレームのCheckpoint SL5を紹介していきます。新型のシマノ105を装備した注目モデルです!

『そもそもグラベルロードってどんな自転車?』という疑問はこちらのページ『グラベルライドの魅力と選び方』で詳しく紹介しています。

カーボンフレームならではの軽さと乗り心地

Checkpoint SL5はグラベル用のジオメトリー

戸田店の店内で撮影した真横からの車体画像

チェックポイントSL5は未舗装の道でも安定感のある走りができるジオメトリーを採用しています。オフロードレースに対応したシクロクロスラインナップであるBooneに近い設計ですが、それよりもBBを下げて重心をより低くして安定感が増しているため荒れた路面でもふら付きにくくなります。

TREKのエンデュランスロード・ドマーネシリーズとも違い、ヘッドチューブは短め。安定感を出しつつもしっかり前傾姿勢をとれることで、スピード感も損なわないようにしています。

Checkpoint SL5はドマーネでお馴染みのISOスピード付き

OCLV500カーボンのBB90チェックポイントSL5はトレックのOCLV500カーボンを使用したフルカーボンモデルです。フレーム単体参考重量1,240g、フォーク単体参考重量470g。カーボンフレームの振動吸収性で、悪路でも、ロングライドでも疲れにくくなっています。TREKの幅広のボトムブラケットBB90で、ペダリングに負けない剛性も合わせもっています。

リア側のISOスピードリア側(シートチューブとトップチューブが交わる場所)にISOスピードというフレームのしなりを活かして乗り心地を良くする機構が備わっています。これはDomane(ドマーネ)シリーズでお馴染みのTREK独自の設計です。サドルに座っている状態で凸凹したところを通っても、サドルからお尻が浮き上がるよな衝撃を緩和し、身体への負担を少なくしています。

フルカーボンでも安心のカーボンアーマー

カーボンフレームのプロテクターが貼ってあるカーボンフレームで砂利道なんて走ったら、飛び石でフレームが破損するのでは…BBも低めならなおさら…という不安もあると思います。チェックポイントSL5は、もっとも地面に近いBBを中心にダウンチューブ及びチェーンステー下部に保護材がついています。カーボンフレームのマウンテンバイクなどと同様。小石の跳ね上がりや突然の障害物でも安心です。

最大45cまでの太いタイヤが履ける

グラベル用のタイヤでグリップ力も安定感も高い

シュワルベタイヤ部分の拡大画像チェックポイントSL5でまず目に入るのがオフロード用の太いタイヤ。細かいブロックがサイドまでしっかりついていて、グリップ力を上げています。最初に装備されているのがシュワルベの35Cタイヤ。ディスクブレーキということもあって、フレームとのクリアランスもしっかり確保できるため太いタイヤの装着が可能です。

リアは非対称チェーンステー

左右非対称のチェーンステーは真横から見ると高さが違う35Cにとどまらず、最大45Cタイヤの装着も可能です。そのためにリアのチェーンステーの形が左右で非対称になっています。

通常のロードバイクだと、クランクの幅やチェーンリング、エンド幅の問題もあって、なかなかチェーンステー間の幅を広げるのが難しいため、太いタイヤをはかせるにも限界があります。チェックポイントSL5は、まずフレームを非対称にして、ドライブのチェーンステーをグイッと下げ、さらにディスクブレーキの広いエンド幅で、45Cの装着を可能にしました。

この曲線美にグッと心をつかまれるのとともに、TREKの十八番であるデュオトラップセンサーのマウントを除外した潔さに感服!

コンポーネントはShimanoで統一

油圧ディスクブレーキ

前輪のディスクブレーキ部分の拡大画像

チェックポイントSL5のコンポーネントはシマノで統一。ディスクブレーキもフラットマウントタイプで、すっきりした見た目に。油圧ディスクは悪天候や、路面が泥や砂などコンディションの悪い場所でも制動力が落ちにくいのが特徴です。

またブレーキレバーのタッチも軽いため、下り坂などブレーキを握り続けるシーンはもちろん、ロングライドでの疲労軽減につながります。ちなみに、車輪の固定は前後輪とも12mmスルーアクスルで行います。

コンポは新型SHIMANO 105

新型のシマノ105クランクギアまわりはシマノの105で統一。2019年モデルから105はクランク形状や変速機の形状も進化しています。またレバーフロントは50/34T、リアスプロケットは11-34Tとワイドレンジ。幅広いギアの組み合わせを持ち、しっかりスピードを出したいときはもちろん、悪路でもバイクコントロールが可能です。

各種マウント多数でカスタムを楽しめる!

複数あるボトルケージ台座

ボトルケージやキャリアなどに使う多数のマウントがあります

チェックポイントSL5は各種アクセサリーの取付用のマウントが豊富です。写真の黒点の箇所はネジ山が切ってあり、ボトルケージマウントの取付が可能。ダウンチューブに最大2箇所(フレームサイズによっては出し入れが難しい場合あり)、シートチューブに1箇所、さらにダウンチューブ下側に1箇所、つまり最大4箇所取付ができます。そのほか、フェンダーの取付やキャリア取付等にももちろん対応。旅仕様にバイクパッキングを思う存分楽しめます!

リアエンドの調整も可能

リアエンドの調整ボルト

ドマーネなどのロードバイクシリーズと異なり、checkpoint SL5はリアセンター(BBからフレームのリアエンドまでの長さ)を調整できる仕様になっています。タイヤ幅に合わせたフレームとの隙間の調整しかり。またこの長さを変えることで、まったりした走りなのか、機敏な走りなのか、走り心地を変えることもできるでしょう。

さらにチェーンのテンションの調整ができるため、シングルスピード化など、好みに応じていろいろなカスタマイズをしていくことができる設計になっています。

『TREKのロードバイク史上、一番遊べるバイク』といわれるのも納得です。

Checkpoint SL5の重量とスペック

 

カラーGravel
サイズ49,52,54,56,58cm
フレーム500 Series OCLV Carbon, Rear IsoSpeed, Stranglehold dropouts, tapered head tube, BB90, flat mount disc brakes, rack mounts and hidden fender mounts, Control Freak, internal control routing, 12mm thru axle, 3S chain keeper, Ride Tuned seatmast
フォークCheckpoint carbon disc, carbon tapered steerer, flat mount disc brakes, rack mounts, hidden fender mounts, 12mm thru axle
ホイールBontrager Tubeless Ready
コンポShimano 105 11s
重量9.60kg(サイズ56㎝)

 

フレームサイズ選びが大事

ロードバイクは自分の身体に合ったフレームサイズを選ぶことがとても大事です。長時間乗り続けることができるよう、身長や股下、柔軟性に合わせて無理のない体勢を整えることが基本です。

ご購入検討時、サイズフィッティングはバイクプラス各店で無料で行っております。また乗り慣れていくうちに、ハンドルを低くしたい、パーツ交換をしてハンドルを遠くしたい、近くしたいなどフィッテイングに関することは1年間再調整工賃無料です。パーツ代は別途かかりますが、ご購入後のアフターサポートもお任せください!

 

戸田彩湖店

こんにちは!
最新のスポーツ自転車や自転車グッズの紹介をはじめ、私たちのサイクリングブログなどをご紹介しています。スポーツ自転車のことでご不明な点はお気軽にお問い合わせください。下記リンクから店舗詳細がご覧になれます。

店舗詳細ページ
https://www.bike-plus.com/shop/toda.html

〒335-0031
埼玉県戸田市美女木7-2-14
ヨシズヤハイム1F
048-423-9301

こちらの記事もよく読まれています!