2018年モデル TREK Emonda ALR5(エモンダALR5)2色 ¥166,000(税抜)

2018年モデルTREKエモンダALR5

2018年モデルTREK Emonda ALR5(エモンダALR5)。昨年、絶大な人気を誇ったエモンダのアルミシリーズが、カラーリングチェンジを果たし2018年も登場!トレックの最軽量アルミフレームを使用したエモンダALRは初心者はもちろんの事、中級者以上の方にも満足して乗っていただける車体になっています。軽快な乗り味で自転車通勤はもちろんヒルクライムもロングライドもオールラウンドに活躍してくれます!

スペックをチェック!|TREK Emonda ALR5(エモンダALR5)

フレーム

フレームは300シリーズアルファアルミニウムを採用しTREK史上最軽量のアルミフレームが完成しました。軽量でも確かな剛性とコントロール性能の良さがどのライダーも満足させること間違いなし!
また、フレームの溶接はインビジブル・ウェルド・テクノロジーにより、溶接跡が目立たない美しい仕上がりになっています。パッと見はカーボンバイクと比べても見劣りません。

アルファアルミニウム300

インビジブルウェルドテクノロジー

フォーク

フロントフォークは軽量さと振動吸収性を兼ね備えたフルカーボン仕様です。軽量だからと言ってハンドルの操作性は失われることなく、安定した走行ができます。

カーボンフロントフォーク

コンポーネント

初心者からミドルクラスのユーザーに幅広く愛用されているコンポーネント、シマノ105をフル装備したエモンダALR5。文句なしのその性能はスムーズな変速や軽いタッチでのレバー操作で充実した走行を楽しめます。また、下位グレードよりも軽量に作られているため車体自体の軽量化にもつながっています。

emonda ALR5 コンポーネント105

デュオトラップS

エモンダALR5はトレックのフレームに内蔵できるセンサー、「DuoTrap S」が装着可能です。従来のセンサーは結束バンドで括り付けるタイプのものであったため、走行中にズレが生じることが頻繁にありました。しかし内蔵式になることでズレる心配が一切なくなり、快適に走行できるようになります。また、フレームにすっぽり収まる形になっているので見た目もスッキリします。

デュオトラップS

ブレンダー

ステムの上下部分にはブレンダーという専用マウントが取り付け可能です。これはボントレガー製のライトやサイクルコンピュータ、ガーミンやGoProなどが装着可能で、ハンドル周りをスッキリさせることができます。見た目も気にされる方は必見のアイテムです。

カラーをチェック!|TREK Emonda ALR5(エモンダALR5)

エモンダALR5は2色展開となっております。情熱的な赤が魅力的なViper Redと、シルバーのクラシカルな見た目で落ち着いた印象のMatte Metallic Charcoalです。お好みのカラーのバイクがあればぜひ実際に店頭でご覧ください!

Viper Red

Viper Red

エモンダALR/Matte Metallic Charcoal

Matte Metallic Charcoal

重量をチェック!TREK Emonda ALR5(エモンダALR5)

カラーMatte Metallic Charcoal/Viper Red
サイズ47,50,52,54,56,58,60cm
フレームUltralight 300 Series Alpha Aluminum, Invisible Weld Technology, E2 tapered head tube, DuoTrap S compatible, BB86.5
フォークÉmonda carbon, carbon E2 steerer
ホイールBontrager Tubeless Ready/Alloy front hub/alloy rear hub
コンポShimano 105 11speed
重量8.47kg(サイズ56)

豊富なサイズ展開|Emonda ALR5(エモンダALR5)

サイズ選びはとても重要。選手も一般の人も例外はない!!

プロ選手の使用するロードバイク

選手の様々な体格に合わせたロードバイクたち

骨格や体格は千差万別です。ファッションであれば大き目や小さ目で個性を出していくこともありますが、スポーツ自転車やスポーツ用品ではジャストフィットが基本となります。レース会場などでは様々なロードバイクが立ち並び、その一台一台が選手一人一人に合わせたフレームサイズとパーツ構成になっています。‟選手だから”ではなく、より快適にロードバイクに乗るためにはサイズ選びがとても重要になってきます。

フレームサイズ表記はシートチューブのステッカー

シートチューブのサイズ表記ステッカー

フレームにサイズ表記ステッカーが貼ってある

フレームサイズで重要となってくるのはフレームの高さ。もちろん長さも重要ですが、フレームサイズ選びにおいてはまず高さで決めていきます。フレームの内側に貼ってあるステッカーがフレームのサイズとなります。トレックのロードバイクの場合はフレームの実寸ではなく、ボトムブラケットの中心からトップチューブの仮想水平位置をフレームサイズとしています。

トレックのロードバイクサイズチャート

ロードバイクサイズチャート

トレックバイクのロードバイクサイズチャート

エモンダALR5の場合、サイズ設定は47cmから60cmまでの7サイズ展開。トレックのサイズチャート上では、およそ153cmから191cmまでの身長の方に対応します。実際には手足の長さや柔軟性などによってフレームサイズを決定していくので、サイズチャートはあくまでも目安ということになります。

まずは身長と股下を測定

バイオサイズで股下を計測している様子

バイクプラス各店に設置されているバイオサイズで股下を測定

フレームサイズ選びでは高さが重要なので、身長を伺い(もしくは計測)股下を計測します。計測した股下を基に、ボトムブラケット中心からサドル上面までのサドル高(サドルハイト)を割り出します。ここまでのデータが揃うと、およそのフレームサイズが分かります。

実際の車体でさらに確認

膝の角度を測定している様子

正しい高さになっているかを膝の角度から確認

1.回転運動のしやすい適正なサドル高になっているか確認。膝の位置と合わせてサドルの前後位置の確認もここで行います。

前屈の角度を確認している様子

適正な角度の範囲になっているか確認

2.背筋を伸ばした状態で前屈の角度を確認。適正な姿勢の状態でハンドルまでの腕の角度も測っていきます。

それぞれ適正範囲と確認できればフレームサイズが確定

ここまでの一連の確認作業を経てロードバイクのフレームサイズが確定します。腕の長さや肩幅などによっては、完成車体に付属するパーツから別のサイズにパーツ交換する必要が出てくる場合もあります。ロードバイクに乗り慣れていくことで身体にも変化が出て姿勢が変わることも考えられます。ベースとなるフレームサイズが合っていれば調整範囲もあるため、パーツの長さ・幅・角度・位置変更などで対応していくことも可能です。

最後に

初心者でアルミロードバイクを検討しているのであればエモンダALR5は本当におすすめです! 不明な点はお気軽にバイクプラス各店にお問い合わせください。試乗もできます♪

バイクプラスで購入した自転車は生涯点検無料「安心保証」

点検はいつでも無料

点検は生涯無料。しかも満足保証付きだからこそ安心して自転車をご購入いただけます。


試乗無料体験実施中!「試乗車情報」

無料で試乗がでる

サイズやモデルの違いは実際に乗ることで発見や納得があるもの。試乗大歓迎です。

バイクプラスで自転車を購入されたお客様の声

お客様の声

「じっくり試乗と相談で納得の1台を選べました!!」お客様からの喜びの声多数!!