エモンダALR4の2018年モデル販売開始

【SALE】 TREK Emonda ALR4(エモンダALR4)2色 ¥129,000→¥116,100(税抜)

発売以好評なTREKのアルミロードバイクシリーズのEmonda ALR(エモンダALR)。カーボンロードバイクをも凌ぐ軽さと反応のよさは、誰もが満足いく仕上がりになっています。

エモンダALR4はこんな方にオススメ!

  • ロードバイクをはじめて買うけれど、続くかまだちょっと自信がない。でももしもハマってしまったときにも、長くしっかり楽しめるものがいい。
  • ロードバイクとそのほか必要なものを合わせても10万円台で収めたい。そのなかでもよりよいモノが欲しい
  • ロードバイクらしいスピード感・軽快感を体感したい

Emonda ALR4はTREK史上最軽量のアルミフレームを使ったエントリーモデル。パーツ構成で価格を抑えているためはじめてのロードバイクにもオススメできる1台です。Emonda ALR4の2018年モデルをご紹介します。

5つの特徴|エモンダ ALR4

コストパフォーマンスの高い軽量アルミフレーム

エモンダALR4のフレームはTREKのなかでも最軽量のアルミ素材を使用しています。実際店頭でエモンダALR4を持ち上げてみてもらえば軽いと感じていただけるはずです。

エモンダALR4の18年モデル水色ロードバイクにとって車体が軽いというのは大きなメリットがあります。漕ぎ出しが軽くゼロからでも加速しやすいとか、街中やサイクリングでのストップ&ゴーの繰り返しも疲れにくいとか、登り坂がラクだとか、持ち運びもラクだとか。エモンダALR4はのフレーム重量は実測でも1280g(※2017年モデルのエモンダALRフレームをバイクプラスにて計測)、10万円台前半の価格でこの軽量フレームはかなりお得と言えます。

2018年モデルエモンダALR4BB

300アルファアルミニウムはTREKのアルミロード最軽量の証

ただ軽いだけじゃないのがEmonda ALR4のフレーム。極端な話、軽さを追究すると剛性が落ちて踏んでも踏んでも進まないということにもなりかねません。が、エモンダALR4はそのあたりの配分がすばらしく、軽いのに、しっかりと剛性を確保するべきところは確保しているため、ペダルを踏んだときのフレームのしなりを抑えて、グイグイ前に進んでくれる感覚を味わえます。

カーボンフレームにないダイレクト感と機敏さ、試乗などしていただくとその乗り味の虜になってしまう方もいます。

2018年エモンダALR4トップチューブ

フレームの継ぎ目がとても滑らか!

また金属フレームらしからぬ溶接部分のなめらかな仕上がりにも注目です!溶接面がボコボコしておらず、一体成型のような継ぎ目のなさ。言われなければアルミフレームと分からないです。

コンポーネントはシマノTiagraで統一

エモンダALR4はティアグラクランクエモンダALR4はシマノのTiagra(ティアグラ)というパーツを使用。レバー、クランク、前後の変速機、ブレーキ本体にいたるまでTiagraで統一されているので各パーツの相性の良さは言うまでもありません。軽量なフレームに合わせるパーツにも妥協せず、なるべく軽く仕上がるようにという気遣いもあると思います。

2018年モデルエモンダALR4ハンドル

実はバーテープなども新しいデザインになってます。

ティアグラは一昨年にレバー形状など一新し、ブレーキ・変速レバーが握りやすくなったのも特徴です。前2段×後ろ10段の多段変速で重たいギアから軽いギアまで幅広く充実。ヒルクライムも、平地でのスピードアップもさまざまなシーンに対応します。

気になる乗り心地

エモンダALR4 2018年モデルフロントフォークはカーボン

軽量アルミフレーム&振動吸収のよいカーボンフォーク

スタート時の漕ぎ出しの軽さ、しっかり踏み込んだ時のさらなる加速感は普段カーボンフレームのロードバイクに乗っている方でもちょっと感動するレベルです。さらにアルミフレームは硬くて乗り心地が…と言われてきましたが、エモンダALR4は乗り心地も全く悪くありません。TREKのロードバイクに共通することですが、軽さや速さを追求する一方で乗り心地を犠牲にまったくしていないんです。

店頭ではエモンダALRのご試乗できますでお気軽にご来店ください! 試乗の申し込み等については『試乗車情報』をご覧ください。

デュオトラップSに対応

チェーンステーにはデュオトラップSのマウントありロードバイクを思う存分楽しむためにスピードや距離を測るサイクルコンピューターは欠かせません。最近ではスマホのアプリにもサイクリングデータの表示・記録ができるものもあります。ロードバイクのほうに、計測のセンサーを取り付けるワケですが、エモンダALR4にはBluetooshスマートとANT+の通信方式に対応した専用センサー『デュオトラップS』を内蔵するためのマウントがついています。

エモンダALR4の見た目を一切損ねることがなく、センサーをスマートに取り付けることができます。モチベーションが上がります!

ライトやサイクルコンピューターの取り付けもスマートに

ブレンダー対応のエリートステム

ボントレガーのサイクルコンピューターとライトのマウントが付属しています

センサーだけではなく、サイコン本体などの取り付けもスマートにできるBlendr(ブレンダー)機能もついています。ステム部分のハンドル固定部分に付属のマウントを取り付けると、ライトやサイクルコンピューターがすっきり納まります。TREKのロードバイク全般に言えることですが、決して軽いだけでなく、実用性もしっかり考えて作ってあるんです。

豊富なサイズ展開|エモンダ ALR4

47cm~58cmまで6サイズ展開

エモンダALR4はフレームサイズ豊富ロードバイクをスタートする上で、とても大事なフレームのサイズ選び。自分の体格に合わせたサイズを選ばないと、乗りやすいポジションに調整がきかないなんてことも起こり得ます。エモンダALR4は47・50・52・54・56・58cmという6つのフレームサイズを展開。身長でいけば155cm~187cmくらいの方に対応しています。サイズが大きいからといってアップチャージがかかることはありませんのでご安心ください。

サイズフィッティングは車体ご購入検討の方に無料で行っておりますのでお任せください。

カラーラインナップ|エモンダ ALR4

カラーは2色です。

【Solid Charcoal】

2018年モデルエモンダALR4のチャコール

グレーっぽいダークなチャコールに赤と白が入って引き締まった印象の大人カラー。

ソリッドチャコールカラーを拡大

ヘッドチューブ付近を拡大。光沢のあるダークグレーです。

【California Sky Blue】

2018年モデルEmonda alr4 カリフォルニアスカイブルー

California Sky Blue:乾燥した大地のぬけるような青空をイメージしたブルー。鮮やかなキレイな色です。

エモンダALR4の2018年モデルトップチューブロゴ

トップチューブにはEmonda ALR4のロゴが入っています。

重量とスペック|エモンダ ALR4

カラーSolid Charcoal,California Sky Blue
サイズ47,50,52,54,56,58cm
フレームUltralight 300 Series Alpha Aluminum, Invisible Weld Technology, E2 tapered head tube, DuoTrap S compatible, BB86.5
フォークÉmonda carbon, carbon E2 steerer
ホイールBontrager alloy Hub Tubeless Ready Rims
コンポShimano Tiagra 10speed
重量8.89kg(サイズ56cm)

 

その他の関連記事

不明な点はお気軽にバイクプラス各店にお問い合わせください。試乗もできます♪

戸田彩湖店

こんにちは!
最新のスポーツ自転車や自転車グッズの紹介をはじめ、私たちのサイクリングブログなどをご紹介しています。スポーツ自転車のことでご不明な点はお気軽にお問い合わせください。下記リンクから店舗詳細がご覧になれます。

店舗詳細ページ
https://www.bike-plus.com/shop/toda.html

〒335-0031
埼玉県戸田市美女木7-2-14
ヨシズヤハイム1F
048-423-9301

こちらの記事もよく読まれています!