2018年モデル Domane SLR6(トレック ドマーネSLR6)¥500,000(税抜)

Domane SLR6 最高のエンデュランスバイク

快適、安定、加速を併せ持ったバイク

プロのロードレースのように石畳や荒れた道を走ることは一般のサイクリストではなかなかありません。しかし、いつも走っている一般道やサイクリングコースなどの路面でも以外にも凹凸が多くバイクから伝わる振動は大きいと感じます。ロングライドやツーリングの際には路面を選ぶことができませんし、天候のコントロールも同じです。

ですが、ドマーネSLR6は違います。路面状況、天候に左右されず長時間のライドを楽しめ、トレック独自開発の技術により、より快適に安定したライドを実現した最高のバイクです!

トレックの独自開発した快適性を向上した技術 Iso Speed

シートチューブをフレームから独立させた設計

シートチューブがフレームから独立し振動を軽減させるIso Speed。

TREKの革新的技術のIso Speed搭載!

ロードバイクに乗っていると小さな段差などでも突き上げるような振動を感じ事は多いと思います。トレックの開発した技術 Iso Speed(アイソスピード)はこの振動を軽減する働きをしてくれます。

構造はサドルを支えるシートポストとメインフレームを独立させるジョイントの役割を果たしています。シートチューブが独立して”しなる”ことで振動吸収性を高め、身体に伝わる路面からの突き上げの影響を受けません。そのため、サドルの上で跳ねることが無く、より快適に、より疲労の蓄積を軽減することができます!
ただ柔らかくしなるだけのフレームでは路面からの振動と一緒にペダルに掛ける力も吸収されてしまします。振動吸収性とパワー伝達の二つを考慮しながらフレーム設計がされてきましたが、トレック独自のこの技術 Iso Speed は振動吸収性と力の伝達効率を損なわずに高めている革新的な技術です。ロードバイクに乗っていると小さな段差などでも突き上げるような振動を感じ事は多いと思います。トレックの開発した技術 Iso Speed(アイソスピード)はこの振動を軽減する働きをしてくれます。

構造はサドルを支えるシートポストとメインフレームを独立させるジョイントの役割を果たしています。シートチューブが独立して”しなる”ことで振動吸収性を高め、身体に伝わる路面からの突き上げの影響を受けません。そのため、サドルの上で跳ねることが無く、より快適に、より疲労の蓄積を軽減することができます!

ただ柔らかくしなるだけのフレームでは路面からの振動と一緒にペダルに掛ける力も吸収されてしまします。振動吸収性とパワー伝達の二つを考慮しながらフレーム設計がされてきましたが、トレック独自のこの技術 Iso Speed は振動吸収性と力の伝達効率を損なわずに高めている革新的な技術です。

また、ドマーネに乗り味がどんな感じなのか、こちらの記事(DOMANE SLRを一年間乗り倒してのインプレッション)も合わせてご覧ください。

シートチューブのしなりが調節可能

スライダーを調整することでしなり具合を調節し、振動の伝わりを変えることが出来ます。

スライダーを調節することで、振動を調整することが出来ます。

ドマーネSLR6ではIso Speedのしなりが調整可能。シートチューブが二対からなり、内部に設置されたスライダーを動かすことにより振動の吸収率を調整が可能。

スライダーが一番下の低い位置に調節した際の振動の吸収率は初代のドマーネに比べると全体的に14%も向上。快適性を求めるのであれば一番低い位置に、剛性を求めるのであれば一番高い位置に、サイクリストによって乗り方は異なってきます。幅広いサイクリストをより快適にしてくれる仕上がりになっています。

フロントにもIso Speedを採用

フロントにもIso Speedを搭載で腕に伝わる振動を吸収してくれます。

フロントにもIso Speedを搭載で腕に伝わる振動を吸収してくれます。

前傾姿勢で乗るロードバイクではサドルの次に体重がかかっている場所がハンドルになります。お尻周りの快適性も大切ですが、ロードバイクの操作を行う腕の快適性も重要な要素です。ドマーネSLR6ではフロントにもIso Speed技術を採用することにより、身体全体の快適性を可能にしています。

フロントのIso Speedの構造は内部にベアリングを採用に、ヘッド周りをしならせることによりロードバイクの前部の縦方向の振動吸収性を10%向上させています。

更に快適性を高めるハンドル

ハンドルはBontragerのPRO Iso Coreで振動吸収率を20%アップ

ハンドルはBontragerのPRO Iso Coreで振動吸収率を20%アップ

リア、フロントのIso Speed でも十分な快適性が得られていますが、ドマーネSLR6ではハンドルまで快適性にこだわったドマーネ独自のIso Core(アイソコア)を採用しています。

このハンドルバーはOCLVカーボンで成形されています。特別なサーモプラスチックエラストマーの連続インナーレイヤーでできています。一般的なカーボンハンドルに比べると20%振動を軽減させています。

フロント、リアのIso Speedが大き目の振動や突き上げを軽減させるように設計され、Iso Coreは路面からの振動を分散されるように設計。ドマーネSLR6はこの3つの要素取り入れることで、他のロードバイクより快適であることが証明されています!

コンポーネントはSHIMANO(シマノ)新型Ultegra R8000を搭載

プロでも多く使用される信頼のシマノ

コンポーネントは新型Ultegra R8000(アルテグラ)を搭載。

新型Ultegra R8000(アルテグラ)を搭載でスムーズな変速性能!

コンポーネントはシマノの新型Ultegra R8000コンポーネントで統一されている。プロのレース界でも標準スペックの11速仕様のモデル。

シマノブランドの中でもDra-Ace(デュラエース)に次ぎセカンドグレードの人気モデルがアップグレードされ、デュラエースに負けない変速性、ブレーキ性になっている。こちらのコンポーネントを統一で搭載することで加速性にも一役買っている。

安定性の要のタイヤは28cを採用

安定感を追求した装備

28cの太めのタイヤで安心の安定感。

28cの太めのタイヤで安定感が高くなっています。

ドマーネSLR6では700×28cのタイヤを標準装備しています。現行のモデルの中では太目のタイヤを装備することで安定性を獲得しています。太目のタイヤを履くことで安定感はもちろんグリップ力が出てくるのでペダルを漕いだ時の力がしっかりと路面に伝わります。またタイヤのふくらみも大きくなることで乗り心地も良くなってきます。

サイズも豊富に展開

自分の体型にあった1台を選べます。

ドマーネSLR6はサイズ展開も豊富です。身長160㎝台から190㎝後半まで対応しています。ロードバイクは前傾姿勢を取るため、自分の身体のサイズに合ったものでないと疲れやすかったり、痛みが出てきたりと楽しむことができません。

身長や足や腕の長さ柔軟性を考慮して自分の身体に合った自転車を乗ることで、長時間のライドを楽しむことができます。細かなサイズ展開から、自分に合った最適な1台探しをスタッフがお手伝いさせていただきますのでご安心ください。

ドマーネSLR6のスペック

カラーMatte/Gloss Trek Blak
サイズ50.52.54.56.58.60.62cm
フレーム600Series OCLV carbon,Front Iso Speed,Ajustable Rear Iso Speed,E2tapered tube,BB90
direct Mount brakes
フォークDomane carbon,carbon E2 steerer,direct mount brakes
ホイールBontrager paradigm comp
コンポshimano Ultegra11speed

PROJECT ONE対応モデル

TREkのプロジェクトワンではフレームのカラーリング選ぶことができます。それ以外にもホイールやその他のパーツ類を選ぶことができます
プロジェクトワンで世界に一台の自分だけのオリジナル車体を作成してはいかがでしょうか?
気になる方は「PROJECTONE」こちらのリンクをご覧ください。

Domane SLR6 Matte/Gloss Trek Black

Matte/Gloss Trek Black

上のカラーは通常販売展開モデルで、下のカラーは¥56,000(税抜)のアップチャージで手に入るProjectone nowモデルになっています!

Domane SLR6 Radioactive Orange/Trek Black

Radioactive Orange/Trek Black

Domane-slr6 Matte Metallic Gunmental/Trek Black

Matte Metallic Gunmental/Trek Black

Domane-slr6 Viper Red/Trek White

Viper Red/Trek White

プロジェクトワンについてはこちらもあわせてご覧ください。