2018年モデル TREK Domane ALR5 Disc(ドマーネALR5 DISC)¥213,000(税抜)

rek-domane-alr5-disc

油圧ディスク+アルミロードの決定版

乗り心地優れたアルミフレームに油圧Disc搭載

2018ドマーネALR5Discの全体画像
ドマーネALR5 DISCはコストパフォーマンスに優れるアルミフレームを採用しつつ、現在話題となっているディスクブレーキを搭載したモデル。

しかも油圧タイプなので天候の変化や急な下り坂、荒れた路面でも確実なストッピングパワーを得られるアルミロード。もちろん上位モデルのカーボンフレーム同様地面からの突き上げる衝撃を大幅に緩和するDOMANE独自のISOスピードも搭載しています。

イベントからちょっとしたツーリングまでマルチに楽しめるキャラクターが魅力です。

フレームは軽量アルミALPHA200

2018ドマーネALR5DiscはAlpha200採用

軽さと乗り心地を両立したアルミ素材

2018モデルドマーネALR5 Discはスルーアクスル採用

スルーアクスルで扱い易さと剛性がアップ

フレーム素材は軽さと丈夫さのバランスに優れたトレックの開発したALPHA200というアルミ素材が使用されています。もちろんフォークはカーボン製で軽快なハンドリングとドマーネならではの乗り心地の良さを支えてくれますよ。

車輪軸部分は最近のディスクロードの大半が採用している12mmアクスルを採用、アルミフレームのリアエンドも142mmとなっていてブレーキ台座もフラットマウントとなった事で今後のカスタマイズなど発展性も考慮されています。

トレックの独自構造ISOスピード

2018モデルドマーネALR5 DiscのISOスピード

内部ベアリングによって衝撃を緩和させる

ドマーネシリーズのひとつのキーワードともなっている「ISOスピード」。ドマーネALRシリーズの場合は弓なりに反った形状のフロントフォークとシートポスト真下のベアリング構造によって衝撃による突き上げを大幅に緩和することでロングライドやグラベル走行などで体力の消耗を抑える事が可能となっています。

最近のアルミフレームは車種問わず過去よりも乗り心地も改善されてきていますが、トレックが独自に開発したアイソスピードはペダルを漕いだ推進力は一切無駄にせず振動を抑える画期的な構造となっているので長距離を走る際には大きな支えになってくれるはずです。

足回りを支えるディスクブレーキと105コンポ

2018モデルドマーネALR5 Discの105リアディレーラー

11-32Tギアに合わせてリアディレーラーはロングケージを採用

2018モデルドマーネALR5 Discのディスクローター部分

雨天や下り坂で安定した制動をキープ

長距離ライドを支えるコンポーネントはシフト系がシマノ105を、ブレーキ周りは定評ある同じくシマノを採用、レバーはRS505、ブレーキ本体部分はも同じくフラットマウント対応のRS505を使用しています。

ローターも下り坂で発生する熱をいち早く冷却できるように内側に放熱フィンがついています。

カラーリングの見逃せないポイントのひとつ


ドマーネALR5 Discの今期のカラーは一色展開ですが、このマットドニエステルブラックが非常に人気があり見逃せない色だったりします。エモンダALR6などアルミハイエンドモデルでも使われているのですが、ただのマットブブラックではなく、少しグレーを混ぜたような明るさを持たせているのがポイント。TREKロゴもメタリックと今までのトレックにはあまりない配色で渋かっこいい感じに仕上がっています。

ドマーネALR5 ディスクのスペック

ディスクロードのトレンドをおさえつつ価格も20万円台前半と比較的手が出しやすい価格帯となっているので、グラベル入門機として、またツーリングライドやディスクロードだけにセカンドバイクとしてチョイスするのもありですね。

カラーMatte Dniester Black
サイズ44,47,50,52,54,56,58cm
フレーム200 Series Alpha Aluminum, IsoSpeed
フォークDomane ISO Speed carbon, E2
ホイールBontrager alloy sealed bearing, 12mm thru axle Tubeless Ready
コンポShimano105 Brake RS505
重量9.48 kg(サイズ56)

最後に

合わせてこちらもご覧ください。