CATEGORY FX シリーズ

TREK FX(トレック FX)明るい緑色のクロスバイク

TREK(トレック)の人気クロスバイク「FX シリーズ」。全世界90ヵ国以上で販売されている北米ブランドのトレック(Trek)。MTB、ロードバイクなどスポーツバイクで世界の頂点を極めたその技術力は非常に高い評価を受けており、そのTREK(トレック)が自信を持ってリリースするクロスバイク「FXシリーズ」をご紹介します。

FXとは?

「Fitness Exercise」フィットネスエクササイズ、をコンセプトに通勤通学・お買い物・サイクリングなどあらゆるシーンで活躍できるよう、世界最高峰のロードレースでの活躍より得た経験や知識を蓄積したトレックにしかできない技術を集結させ出来上がったモデルです。

軽い力で脚の負担少なく上り坂を登れたり、平地や下りではスムーズにスピード維持ができます。また、とても良く効くブレーキを採用することで、街中でのストップアンドゴーもブレーキの性能で困ることは無いでしょう。

絶大な人気を誇る理由

TREKで一番人気のモデルFX3に使用しているフレーム素材Alpha Gold aluminum(アルファゴールドアルミニウム)はトレック独自の素材で従来のアルミより剛性がありさらに軽量です。

軽量で剛性があるフレームのおかげで、上り坂・信号待ちからのスーッと伸びる加速、下り坂や路面の悪い道路を走っている時でも振動はガタガタというよりコツコツと軽く、非常に安定感があります。

多段ギアでストップ&ゴーを繰り返す街乗りからアップダウンをこなしたり長距離走行など幅広いシーンで活躍します。

身体と自転車が接する数少ないパーツのサドル・グリップはボントレガー製。人間工学に基づき、サドルは局部にかかる圧力を軽減する設計で出来ているので街乗りからロングライドまでしっかり快適に楽しめます。

トレック FXの主なセールスポイント

振動吸収性に優れたオリジナルグリップ

ハンドルバー本体に白い衝撃吸収材(IsoZone Gel)とBontrager inForm Satelliteという衝撃吸収材を二重構造で設置することによって路面からのガタガタとくる振動を和らげ、人間工学に基づくデザインにより、手の平をサポートする機能を保持しつつ、同時に握りやすいグリップになりました。

長時間走行にはうってつけのハンドル&グリップ。一度使ったら手放せない最高にシルキーな乗り心地になります。

FX1/FX2はBontrager Satellite Plus(サテライトプラス)というグリップを採用しています。密度の違う素材を2つ採用することで長時間の仕様でも手にくる疲労を軽減できます。

内蔵ワイヤールーティング

FX3FXS4は変速・ブレーキ、シフトケーブルはフレームに内蔵されています。とにかくシルエットがスッキリみえるのでフレームのデザインを損ないません。

また、ワイヤーを内蔵することでを雨や汚れから守ることができ長寿命化にもつながります。路面からの砂埃、雨や泥などフレーム下部のワイヤーにさびや汚れが付着し、ブレーキやシフトの動きが悪くなってしまうことがあります。ケーブル内蔵型フレームはそのような心配はいりません。路面からの付着物をしっかりガードしてきれいに保ちます。

純正では黒いアウターケーブルですが、ワンポイントアクセントで白・赤・緑・黄・青・銀・金などなどいろいろなカラーに交換カスタマイズすることも可能です。

オリジナルマウントでハンドル周りがスッキリ

反射材・ライト・スピードメーターとつけるとハンドル周りは既にパンパンです。取付場所を増やすことが出来るアイテムは多くありますが、ボントレガー(BONTRAGER)はステムといわれるハンドルバーとフォーク(車輪を抑えている部分)の間にあるパーツに直接マウントを取り付けることが出来る様になっています。

BLENDR(ブレンダー)マウントと言いますがボントレガー(BONTRAGER)製のスピードメーターorライトに対応しています。車体に最初から付属してきますのでグレードアップやカスタマイズの楽しんでみてはいかがでしょう?

※FX1はBLENDR(ブレンダー)非対応です。

スピードメーターのセンサーもスッキリ

モチベーションアップにつながるアイテムといえばサイクルコンピューター。スピードや距離、時間、カロリーなどなど逐一チェックすることが出来ます。今走っている速度はどのくらいなのかな?今日どれくらい走ったのかな?そんな1日の成果を見返してトレーニングやダイエット目的につなげてみてはどうでしょう!

FXシリーズはサイクルコンピューターのセンサーをフレーム内部に埋め込むことができるTREK(トレック)独自のDuo Trap S(デュオトラップエス)or Duo Trap(デュオトラップ)に対応。

通常であれば結束バンドで取り付ける形が多いですが、デュオトラップなら見た目もスッキリしてずれ落ちることがありません。デュオトラップはスマートフォンとも連動できますので対応しているアプリを使えば日々の運動の記録なども残せて、コツコツ運動日記なんかもいいかと思います。

また、ペダルを回すということに関しての基礎が身につくのもサイクルコンピューター。重たいギアを踏み過ぎる事を軽減することで、足への負担を減らし、テンポよく足を回転させることで運動効率アップも狙えるなど、ケイデンス(足の回転数)があることによって効果的にペダルを回すことができ、なおかつギアの変速タイミングをもマスターすることができます。

フレームサイズが豊富

TREK(トレック)のクロスバイクにはサイズがあります。お洋服や靴を買う時と似ています。せっかく買ったのに大きすぎた…夕方足が少しむくんでから履いたらきつかった等経験はありませんか?自転車を選ぶことと同じくらいサイズ選びも重要になってきます。

サイズはユニセックスモデルで15・17.5・20・22.5インチ、女性用モデルで13・15・17インチと7パターンありますがサイズ選びはお任せください!!身長と股下から適正なサイズの自転車をお渡しいたしますので、自転車選びにご専念ください。

サイズがあっていない自転車は乗っているとすごくお尻が痛くなったり、肩が凝ったり、安全性に問題あり等、快適に乗れず危険も伴います。

TREK(トレック)では、女性用のクロスバイクも展開されております。 グレードの後ろにWSD(Women’s Specific Design)とつくモデルになります。一番小さい13インチというサイズでホイールのサイズはそのままですがパイプの長さ角度を調整することで、145センチ以上身長があれば乗車することが可能になっています。女性の身体ように作られたフレームは体に馴染むのも早いです。

FXシリーズの各モデルの詳細は下記からご覧ください。