HOME

スポーツ自転車を愉しむ 輪行で旅に出掛けよう 電車輪行のルールとマナー

輪行のルールとマナー

列車に乗せる際の輪行ルール

近年の輪行ブームで鉄道各社が厳しくなったという意見が見受けられますが、決してそうではありません。
注意喚起の露出が増えたのは、折りたたみ自転車などを収納せずにむき出しで電車に持ち込む人たちが増えたのが背景にあるのではないでしょうか?
以前から自転車を電車に持ち込む際の手回品としてのサイズや収納方法にルールが設けられています。
そのルールに変更はありません。ルールを守っていれば大丈夫!
他人の迷惑にならないかたちで輪行を楽しみたいですね!

前後輪を外して収納するタイプの輪行袋がヨシ

駅に貼りだされている、輪行のルールについて注意喚起しているポスター

・3辺の合計が250㎝以下、重量30kg以下

・解体して専用の袋(輪行袋)に入れる。大型のポリ袋やビニールシートで覆うだけではダメ。

・輪行袋に完全に収納する。ハンドルやサドルなどの一部が露出してはいけない。

これらのルールに問題なく適合するものとしては、前後輪を外して袋に収納するタイプの輪行袋がやはりおすすめです。

上記の方法で問題ありませんが、気になる方は鉄道各社の情報もご確認ください。

列車内での輪行袋の置き場所マナーについて

前後輪を外してコンパクトにしても、列車内に持ち込むと輪行袋はかなり大きく目立ちます。
車内の置き場所にも気を配ってゆきましょう。

先頭or最後尾の運転台うしろ

通勤電車だと一番わかりやすく確実な運転台のうしろのスペース。
始発駅から自転車を持ち込むなら、並んでこの場所を確保したいところ。
一部の車両は運転台直後が座席になっている車両もあるのであしからず。

車椅子用の座席の無いスペース

あくまで車イス優先のスペースですので、譲り合って使用しましょう。

最近の列車の多くには、車椅子の乗客向けにシートの無いスペースを設けている車両も多いです。
傾向的には先頭&最後尾の両端の車両にあることが多いです。
トイレ付の列車だと、たいていトイレ付近に設けられているので目印になります。

特急列車などのデッキスペース

特急列車だとデッキに自転車を置くことが多くなります。
できるだけ人の出入りの邪魔にならないよう、空いているスペースを使わせてもらいましょう。
また一部の列車ではデッキに荷物置きスペースが設けられている車両もあります。

特急列車の座席後ろのスペース

事前に座席指定が取れるようなら、車両最後尾のシートを指定しておくのがおすすめ。
座席うしろのスペースにぴったりと収まります。
ただし座席のリクライニングに支障をきたすので、となりの人の迷惑にならないように気を付けてください。

駅構内での輪行作業場所に関するマナー

駅は公共の場所であるとわきまえて、迷惑にならない場所で作業を行いましょう!

駅での分解&組み立てにも気を配ろう

時間帯によってはかなり人通りが多くなる駅構内。
必要なら少し離れた、人の少ない場所でゆったりと作業を行いたいところ。
人通りの多い場所だと、好機の目線にさらされて、ちょっとやりづらさもあったりします。
他の通行人の邪魔にならないよう、人の流れを妨げないエリアで行うようにしましょう。

持ち歩いているときも周りに注意を払おう

駅構内や空港など、輪行をする場所は多くの人が行きかう場所でもあります。
持ち運んでいるときに他の人にぶつけてしまう危険性もあるので、人の流れが止んでから移動するくらいの余裕を持って行動したいところです。
輪行で運んでいる自転車は、他の人からするとかなり大きく邪魔にも見えます。
また中にごつごつした固い荷物が入っているとは思っていない方も多いので、くれぐれもぶつかったりしないよう、移動の際はこちらから注意して危険を避けるようにしましょう。

時間にゆとりを持とう!

ホームでゆっくり列車を待つ。そのくらいの余裕が丁度いいでしょう。

鉄道をはじめ交通機関にはダイヤがあります。こちらが遅れても列車は待ってくれません。
特にサイクリングの後に輪行する場合は、駅までの到着時間に注意する必要があります。
駅に到着してからは自転車を分解して袋に詰める作業が待っているので、およそ20~30分前には到着できるよう、余裕をもって行動してゆきましょう。地方のローカル線だと2~3時間待ちも当たり前ですので、くれぐれもお乗り遅れの無いようご注意ください。

ページの先頭へ戻る