HOME

スポーツ自転車を愉しむ 初めてのロングライド 目指せ100km ロングライド向けカスタム

ロングライドのための自転車カスタム

自転車をカスタムして快適にロングライド!

自転車をカスタムすれば車体が軽くなったり、スピードアップにつながるのは周知の事実。でもそれだけではありません。パーツやコンポを換える事でより快適にロングライドを楽しめます!

ハンドル&バーテープ

腕のシビレを軽減してくれる素材・形状を選びましょう

自転車に乗っていて最も疲れる部分。それが手のひら&腕。路面から来る振動をずっと浴びているので走り終わったら手のしびれがなかなかおさまらないことも。
ハンドルをアルミからカーボンにするだけでもしびれが軽減します。フレームと一緒でカーボンの振動吸収性の高さがハンドルでも活きてくるのです。
最近では、ハンドルに衝撃吸収のパッドがついているものがあったりなど快適性を高めているものが多くなっています。
バーテープにもグリップがよくショックの吸収に優れたものもあるので両方を合わせて使うのがおすすめ。

サドル

お尻の痛みやポジションに合わせて選ぶ

自転車とお尻の痛みは切っても切り離せない永遠のテーマ。ロングライドとなると、さらに切実です。その一つの解決策としてサドルを換えてみましょう。
サドルと言ってもパッド量、形状などなど様々で、痛みの箇所や乗り方によって選択するサドルは変わってきます。
のんびりリラックスポジションの方はパッド量が多く、座面が広いものを選ぶのがベター。
尿道の部分に圧迫や痛みが出るという場合はサドル中央部にスリットがあるタイプがオススメです。

ホイール

ホイールを軽くすれば走りがさらに軽快に!

ホイールを換えれば走りが変わる。いいホイールはとにかく軽い。軽いというだけでなく、より効率的に進むように設計されているので、ペダリングで使う力も節約できるます。
快適にサイクリングを楽しむにはホイールを換えるのはマスト。
ただし、ロングライドを快適に楽しむのではれば、乗り心地も重視したいところ。軽くて速いけど硬いホイールは疲れやすくなってしまいます。
ホイールも用途によって選択するものが変わってきます。気になる方はスタッフにご相談ください。

タイヤ

ホイールよりも手軽にできるカスタム

自転車で唯一地面と接触しているパーツがタイヤです。走りにも大きく関わってきます。
例えばロードで快適性を高めるのであれば、タイヤ幅を25mmにするのもオススメ。通常より太くなるので安定感もまし空気量も増えるので乗り心地もUPします。
最近ではロードバイクでもチューブレスに対応したホイールも多く、チューブレスタイヤにすればより乗り心地もしなやかになります。
また、パンクが心配な方には、タイヤサイドまで保護シートが入りカットパンクに強く、耐久性の高いタイヤもあります。

ビンディングペダル

ペダリングの効率UPで疲れにくい

まだビンディングペダルを使用していない方は換えてみましょう。ビンディングにするとしっかり安定し、常に力が一番掛けられる拇指球付近でペダルが踏めるようになるので、しっかり踏めてペダルも回しやすくなります。
力のロスも少なく、ストレスも減。
峠などの坂道もラクに上れるようになるのでロングライドだけでなく、自転車に慣れた頃に変えてみると走りがグッと変わります。

自転車のメンテナンス

ロングライドの前には自転車を万全な状態に!

カスタムとは違うのですが、メンテナンスはしっかり行ってロングライドに臨みましょう。
走りに行った先でトラブルが起きては困ります。また、ギア周りの汚れやオイル切れは意外と走りにも影響してきます。上手く変速しなかったり、ペダリングが重くなったりなどなど。
そのあたりを掃除してオイルを塗れば、チェーンがスムーズに周り、変速はもちろん走りが軽くなります。
メンテナンスも実はカスタムの一種なのです。

ページの先頭へ戻る