HOME

スポーツ自転車を愉しむ ヒルクライムに挑戦! ヒルクライム攻略カスタムパーツ

ヒルクライム攻略カスタム(ロードバイクを軽量化する!)

ギア<クランク&カセット>

まずは基本の確認から

愛車の歯数を確認してみましょう。
現在完成車の多くはクランク側が50-34Tのコンパクト、カセットが11-28Tもしくは12-30T。
このように軽いギアの組み合わせになっていれば登りに慣れていない人でも安心です。
逆に、クランクが52-39Tのノーマル、カセットが11-23Tや12-25Tとなっている場合は割と重めのギアの組み合わせということになります。
クランクやカセットの交換をしてヒルクライムに備えましょう。

サイクルコンピューター

データをみて現状を把握しよう

サイクルコンピューターには距離・時間・速度など以外にも計測できる機能があります。
基本的に元々の機能を増やすことはできませんが、商品によってはセンサーを追加することで機能を追加できるモデルも。
ヒルクライムならケイデンスや勾配、トレーニングなどでは心拍が測れるものがよいでしょう。
現状が分かっていると、更新した時の喜びも大きいものです。
また、無理をし過ぎないためにも感覚だけに頼らない数字の目安が必要になります。

ホイール

軽量化といったらホイール!

最も費用対効果の高いパーツで、デザインも様々なので選ぶ愉しみもありますね。
各部の構成素材ではアルミやカーボン、チタンなどを使用しているホイールがあります。
外周部のリムの軽量化を狙うのもいいですし、それと併せて回転部分の精度や踏み出しの掛かりの良さなどを選ぶ基準にしてもいいでしょう。
それぞれ特性があり価格も様々です。
各ブランドごとにオススメポイントがあるので、求める乗り味などがある方はスタッフに相談してください!

タイヤ&チューブ

意外な利点も・・・

地面との唯一の接点でもあるタイヤは、乗り手に大きく影響を与えるパーツです。
単純に軽量タイヤを使用するのもアリですし、好みの乗り味でストレスなく走れるものを選択するのもアリです。
各メーカーから出ている軽量タイプは本当に軽い!!ここぞという時に試す価値アリです。
また、チューブも軽量化ができるパーツ。
軽量タイヤと併せて更なる軽量化を量るのもいいですね。
パンクなどの緊急時の交換用チューブとしても軽いので持ち運び用としてもオススメです。

サドル

体感レベルはホイール並み!?

重心位置より高い部分のパーツの軽量化は体感のしやすい部分。
素材などによって乗り味にも違いがあります。
軽量サドルのほとんどはカーボン&チタン。
最近ではベース部分はもちろんレールまでカーボン化がすすんでいて超軽量!!
立ち漕ぎの時は振り子のようにサドルは左右に動きます。
サドルが軽いことで振り回されることが少なくなり体力の消耗も防ぐことができます。

シートポスト

サドルの軽量化をしたら・・・

ここまできたらシートポストも軽量化。
構造的にはフレームに入るパイプと、サドルを固定するヤグラで構成されます。
アタマの部分が軽くなると体感もしやすかったりします。
そして軽量タイプのシートポストはそのヤグラまでもカーボン。
地面から伝わる微振動までも抑えてくれるので、走行時のストレスも軽減されます。
もちろん通常のサイクリング時にも効果があり、乗り心地に影響してくるオススメパーツです。

ハンドル

走行中のストレス軽減にも◎

ハンドルの軽量化といったらカーボン化に他なりません。
強度的には全く不足はなく、安心して走行できます。
特に剛性感の高いモデルは、"しなり"や"たわみ"が少なくパワーをダイレクトに伝えられます。
交換の際にはハンドル幅を改めて見直してみるのもいいでしょう。
もちろん『力の入れ易いサイズ』であることはいうまでもなく必須項目です。
そしてカーボンの最大の特性は振動吸収。
アスファルトからも伝わってくる路面の微振動を抑えて登りに集中できます!

ツールボックス

意外と使える便利グッズ

基本登りのみ・・・ということを除けば通常のサイクリングと変わりません。
緊急時の備えは常に持ち運ぶべきです。
が、荷物にもなりますし、常に登りとなるとちょっとしたことが後半大きな差となってきます。
普段サドルバッグに入れている予備のチューブや工具類を、ツールボックスに入れ替えてボトルケージに装着するのもいいでしょう。
サドルの軽量化を果たした方には特にオススメ。
せっかく交換した軽量サドルの能力を最大限に活かすならば是非利用したい便利グッズです!!

ボトルケージ

もはや自己満足?

グラム単位での軽量化に行動を移すならボトルケージ。
もはや体感はしづらく、自己満足の世界に突入です。
費用対効果はさておき、軽量モデルに交換したという感覚をモチベーションにするならオススメです。
ココでも軽量といったらカーボンモデルがほとんどで、デザイン的にもGOOD!!
強度も機能も考慮に入れるなら10g台あたりがイイでしょう。
カラーを選べば愛車のアクセントにもなりますね。

ページの先頭へ戻る