HOME

スポーツ自転車を愉しむ サイクリングコースの紹介 埼玉|秩父・長瀞・飯能方面 輪行でヒルクライム&グルメの旅

花と新緑で染まる秩父路の峠道をサイクリング


より大きな地図で 新緑の中秩父路の峠道を巡る を表示

花と新緑が美しい秩父の峠を走ってみませんか?

秩父市街と武甲山 ミューズパーク展望台より秩父市街と武甲山を望む

秩父へは輪行で出かけると便利。
今回は花や新緑に染まる秩父の山を峠でつなぐサイクリングコースです。

勾配が続くのである程度スポーツ自転車に慣れた中級者以上の方にオススメ。山頂からの眺望は今までの疲れも吹き飛んでしまう程よい眺めで達成感もひとしお。

花の新緑など春から初夏の秩父の自然を感じながらサイクリングしてみては?走り終えてから長瀞名物、阿左美冷蔵のかき氷を食べるとリフレッシュできますよ!

今回は秩父駅前からスタートです。

秩父駅まで輪行 西武秩父駅よりいよいよスタート!

起点となる西武秩父駅までのアクセスは大宮近辺から二時間程で到着できます。
JR武蔵野線~西武線(新秋津駅で乗換)
JR川越線~西武線(東飯能駅で乗換)
など乗換えが必要となります。
JR高崎線~秩父鉄道線経由でも移動可能です

ラッシュ時は込み合うので、なるべく早朝に出発するのがオススメ。

まずは羊山公園へと向かいます

坂氷交差点 羊山公園へはこの交差点で右折します。

秩父駅前から国道140号で一旦北上しますが、
すぐに上野町交差点を右折、
国道299号を登っていきます。
坂氷交差点で羊山公園へは右折、
公園に寄らずショートカットする場合は左折します。

羊山公園と芝桜

羊山公園の芝桜 色とりどりの芝桜を見る事ができます。背後の武甲山も印象的。

秩父のシンボル、武甲山の山容が美しいですね。
時間があれば園内にはその武甲山の資料館もあるので訪れるのも良いでしょう。
なお芝桜開花期間中は周辺の車の往来が多くなるので走行中は注意が必要です。

県道11号を北上します

栃谷交差点 このあたりからゆるい登りが始まります。

羊山公園より戻り、坂氷交差点は直進して県道11号線へ。
信号も少なめで快走できます。
栃谷交差点で県道82号方面へ左折します。

いよいよ本格的な登りがスタート!

県道361号の分岐点 いよいよ峠越えにチャレンジ!

県道361号の分岐点です。ここから釜伏峠まできつい登りが連続します。
交差点横にお手洗いもあり、本格的に始まる峠越えを前にちょっとした休憩も可能です。

釜伏峠への上リはまさに激坂だった!

釜伏峠への上り坂 平均勾配が15%・・。無理せずとにかくマイペースで。

釜伏峠までの道のりは先程の交差点から5km。
しかし中盤以降はほぼ休むことするできないような急登が続き、20%を越えるような所も・・。
一気に秩父の山を駆け上がるこのコース、
無理せずマイペース進んでいきましょう。


ようやく釜伏峠に到着。

釜伏峠にて ようやく釜伏峠に到着。牧場を目指し、さらに登っていきます。

おそらく楽々ここまでたどり着ける方は少ないでしょう・・。
額に汗してようやく峠に到着。
標高が540m、およそ5kmで350m登ってきたことになります。
ここからふれあい牧場へ向け南下、勾配はもう少し続きます。

二本木峠周辺

沿道にさくつつじ 二本木峠周辺にさくツツジ。新緑の季節をねらって出かけるのがオススメ。

峠周辺はつつじが咲き誇っていて、
まさしく沿道に花を添えたような光景。
新緑に季節にぜひ出かけてみてくださいね。

釜伏峠からは緩やかな勾配になりますが峠までは登りが続きます。

牧場にたどり着きました!

牧場に到着 ここで休憩を。ソフトクリームや牛乳も堪能できます。

ようやく彩の国ふれあい牧場へ。
トイレや休憩施設も充実しているのでここで後半戦にそなえて休憩するとよいでしょう。
牧場だけにヤギやヒツジがたくさんいて癒されますね。
視界もひろがり、眺望もすばらしい!

坂を下り今度は定峰峠にチャレンジ

定峰峠への上り坂 定峰峠へは下りきった交差点よりおおよそ10kmの道のり

361号で下へと下り、突き当たりの交差点を左折。
県道11号で今度は定峰峠へ。
ダウンヒルを楽しんだ後はまたまた登り坂。
距離はまずまずありますが、先程の釜伏峠程の傾斜ではありません。
とはいえ峠道の連続でかなり足も疲れているはず。ここも無理せずのんびりのんびり行きましょう。

定峰峠にやってきました!

定峰峠にて 峠の茶屋にて一服・・。

連続する峠越えもいよいよ終盤。
近くに峠の茶屋があり休憩する事ができます。
いよいよこれから坂を下り秩父方面へと戻っていきます。

峠を下りまのじ庵で昼ごはん

まのじ庵とランチセット こだわりのジェラートがこれまたおいしい!

定峰峠を下る途中にあるカフェがまのじ庵。
今回はジェラートが付いたランチセットを注文。ジェラートが日替わりでしかも種類が選べるのが嬉しいですね。

店内も外観同様に落ち着いた雰囲気で、外を流れる清流を横目にくつろぐことができます。デッキがあるので屋外での昼食も可能。

訪れるサイクリストも多いのか、入口横にスポーツ自転車用の空気入れが置いてあって気遣いを感じます。

秩父市街地を抜け、秩父ハープ橋へ

秩父ハープ橋 斜張橋なので迫力があります。眼下の荒川の流れもなかなかの物。

県道11号を下ると最初に登ってきた道と合流します。
そしてそのまま秩父市街へ、再び交通量が多くなるので注意が必要です。
秩父駅付近から荒川の対岸へ向かうと見えてくるのがこれも秩父の名物、秩父ハープ橋。
歩道を通行すると、荒川が眼下に広がる雄大な光景を見る事ができます。

直進して丘を登りミューズパークへ

ミューズパーク展望台より秩父市街を望む 晴れていれば秩父市街と武甲山が望めます。

吊り橋の先の交差点はそのまま直進、ミューズパークへ向かいます。
ここから公園まではまた勾配が続きますが、連続した上り坂はここで最後です。
公園入口の駐車場付近で自転車を降りてしばらく歩くと小高い丘から秩父市街を見渡せる展望台が!
市街地から背後にそびえる武甲山も凛々しいですね。

秩父を離れ長瀞へ。阿左美冷蔵のかき氷を食べる。

阿左美冷蔵のかき氷 天然氷で造られたかき氷はやはり別格!

ミューズパークを下り、ハープ橋手前の交差点を左折、県道72号、県道44号、そして県道37号とつないで皆野町へ。
国神交差点を越えてすぐY字路の細い道を左へ。少しわかりにくいので注意。ここまで来ると長瀞は目の前です。長瀞駅前交差点を左に折れ、しばらく行くと道沿いにあるのが話題の阿左美冷蔵。
冬の間に手間暇をかけて作られた氷を使用しているので、通常のかき氷と違ってふんわりした独特の触感が味わえるのです。
こだわりのオリジナルシロップも非常においしくてオススメです。かき氷のためだけにまた来たい!と思っちゃいますね・・。

長瀞駅から輪行して帰ります

かき氷を堪能して一息入れたところで最寄駅の長瀞駅から秩父鉄道で輪行。

熊谷経由か、御花畑駅で西武線に乗り換えて帰る事もできます。
今回の走行距離はおおよそ70㎞程ですがかなり走り応えがあるコースなのでやはり輪行での往復がベター。
輪行する事で今までと違ったサイクリングの楽しみも生まれます。ぜひ輪行袋を使って自転車生活の楽しみを広げてみてください。

阿左美冷蔵の本店もおすすめ。

阿左美冷蔵本店のかき氷 本店も支店とは違う独特の雰囲気で趣きがあります。

今回訪れた時、本店は定休日だったのですが、支店と雰囲気がまた違ってオープンテラスの中でかき氷が味わえます。
シーズン中はかなり混み合いますのでお時間には余裕を持ってお出かけ下さいね。

ページの先頭へ戻る