HOME

スポーツ自転車を愉しむ サイクリングコースの紹介 神奈川|横浜自転車コース みなとみらい|夜景を見に行く

横浜みなとみらいの夜景を楽しむサイクリング

みなとみらいへ夜景を見に行く


より大きな地図で 横浜みなとみらい夜景サイクリング を表示

バイクプラスから歴博通りへ

“都筑まもるくん”の前を通過

バイクプラス横浜港北N.T.をスタートに、まずは歴博通りへ。

ひとまず、港北の道路の守り神“都筑まもるくん”の前で、これからの旅の安全をお祈り。

しばらく進んで「平台」の交差点を左折、港北インターチェンジを目指します。

不安な方はこの先の交差点で歩道へ

有名な北欧インテリアショップの前を通過、さらに日産スタジアム方面へ進みます。

この先、港北インターチェンジに入る左折レーンがありますのでちょっと注意が必要です。早目に直進レーンへどうぞ。

不安な方は歩道がおススメです。

見通しのよい遊歩道ですが飛ばしすぎないように

「多目的遊水地」の交差点から日産スタジアム脇の遊歩道へ入ります。

気持ちよく走れますが、歩行者もいますのであまり飛ばしすぎないように。

突き当ったらすぐ脇の端を渡って右方面へ。
県道12号線を目指します。

県道12号線を東神奈川方面へ

交通量は多いですが走りごたえあります

ここからはやや交通量の多い、「県道12号線」を東神奈川方面へ向かって走ります。

信号のタイミングがよければ、かなりの距離を走り続けることができるので気持ちいいかも。

路上駐車の車に気をつけてくださいね。

中間地点で腹ごしらえを!

反対車線なので見逃さない様に

環状2号を通り過ぎてちょっとした坂を上り切った反対車線に、
オシャレなパン屋さん、「ぱんくらぶ」を発見!

思わず立ち寄って腹ごしらえ。


くれぐれも、「パンクLOVE」ではありませんのでお間違えのないように…。

シンプルでオシャレな店内にはパンがぎっしり

所狭しと、いろいろな種類のパンがぎっしり。

自家培養の天然酵母、赤穂の天塩、などなどこだわりの素材を使用。

奥に見える溶岩窯は存在感たっぷりです。

再出発!目的地まであと少し

この先の「東神奈川駅前」交差点を右折レーンへ

再び県道12号線を東神奈川方面へ。

「西神奈川」の交差点を過ぎたら「東神奈川駅前」交差点を右折です。

すぐ次の「二ッ谷」交差点を左折して「国道1号線」まで直進です。

国道1号線を反対車線へ渡ったら右折です

ここまできたらあと少し!

ちょっと歩道を失礼して、「国道1号線」を反対側へ渡って右折。

「中央市場入口」交差点を左折して市場方面へ向かいます。

これぞ横浜!な風景が見えてきます。

昼間の景色もなかなかですが、夜はもっと…。

市場を過ぎて突き当ると、いよいよ海が!

その先には見覚えのある風景が広がってきます。

この橋の上には「神奈川区」と「西区」の区境があります。

お約束ですが、跨いでみてたりして…。

みなとみらいの夜景を堪能!

ライトアップされた姿から歴史を感じます。

日が暮れるのを待って、いざ夜景ライドへ!

みなとみらいのシンボル的存在の「日本丸」。
観覧車もビルの明かりも演出してくれています。

日本丸は1930年に建造された商船学校の練習帆船。1984年まで約54年間活躍し、みなとみらい21地区の石造りドックに現役当時のまま保存、一般公開をしています。

めぐり逢えたらラッキー!?

こちらは大さん橋に泊まる“飛鳥Ⅱ”。

船内にはレストランやバーはもちろん、ショッピングやフィットネス、映画館などなど。
世界1周してしまうほどの豪華客船なので、見ることができたらラッキーですよ。

がんばって上った甲斐がありました!

ちょっとした急坂を上って“港の見える丘公園”へ。

横浜のシンボル“ベイブリッジ”も鮮やかに見ることが出来ます。

これ以外にも夜景がきれいなスポットがまだまだたくさん。
みなとみらい地区は冬になると沢山のイルミネーションで飾られて、一段とキレイな夜景が広がりますよ。

こだわり素材&窯のパン屋さん “ぱんくらぶ”

オシャレな外観とこだわり素材&窯で焼き上げたパンは通いたくなる美味しさ。「日替わりブレッド」もあり。

“ぱんくらぶ”
横浜市港北区岸根町544
TEL:045-482-0221
8時~18時 月曜定休

ページの先頭へ戻る