HOME

取扱自転車 おすすめロードバイク TREK(トレック) Domane SLR7 (ドマーネ SLR7 )アルテグラDi2

店舗情報

戸田店

戸田店

戸田彩湖店からの最新情報やブログは戸田彩湖店HPをご覧ください。

〒335-0031 埼玉県戸田市美女木7-2-14

TEL   :048-423-9301
営業時間:11:30 ~ 20:00
定休日  :水・木(祝祭日の場合は営業)

三郷店

三郷店

〒341-0004埼玉県三郷市上彦名121-1
県道29号草加流山線沿い

TEL   :048-950-1820
営業時間:11:30 ~ 20:00
定休日  :水・木(祝祭日の場合は営業)

大宮店

大宮店

さいたま大宮店からの最新情報やブログはさいたま大宮店HPをご覧ください。

〒330-0842 さいたま市大宮区浅間町2-329-2

TEL   :048-658-0819
営業時間:11:30 ~ 20:00
定休日  :水・木(祝祭日の場合は営業)

多摩店

多摩店

〒206-0034 東京都多摩市鶴牧2-9-15

TEL   :042-311-2818
営業時間:11:30 ~ 20:00
定休日  :水・木(祝祭日の場合は営業)

横浜店

横浜店

〒224-0003 神奈川県横浜市都筑区中川中央1-38-1

TEL   :045-914-5906
営業時間:11:30 ~ 20:00
定休日  :水・木(祝祭日の場合は営業)

TREK(トレック) Domane SLR7 (ドマーネ SLR7 )アルテグラDi2

TREK(トレック) Domane SLR7 (ドマーネ SLR7 )アルテグラDi2

\680,000(税込)

TREK

カラーSemigloss Crystal White/Roaran
サイズ50,52,54,56,58,60cm
車体重量:7.49kg(サイズ56)
フレーム600 Series OCLV Carbon, Front IsoSpeed, Adjustable Rear IsoSpeed, E2 tapered head tube, BB90, Power Transfer Construction, hidden fender mounts, internal cable routing, 3S chain keeper, DuoTrap S compatible, Ride Tuned seatmast
フォークDomane full carbon, E2 tapered steerer, direct mount brakes
ホイールParadigm Comp Tubeless Ready
コンポShimano Ultegra Di2 11speed

ロングライドの相棒に!DOMANE SLR7 登場

2016年春、ドマーネの新型フレームDomane SLR7誕生!
革新的なロードバイクとしてドマーネシリーズが登場して早4年。
さらに乗り心地が改良されたSLRシリーズが満を持して登場!
ドマーネSLR7は電動コンポーネントを搭載したSLRシリーズの完成車のなかの最上位モデルです。Domane slr7の詳細を紹介します。

ドマーネが進化!ここまで乗り心地はよくできる

ドマーネSLR7のトップチューブロゴ ロゴやデザインも合わせて一新しています

TREKのロードレースチームに所属するファビアン・カンチェラーラ選手がパヴェ(石畳)のレースで勝利するためにつくられた新しいロードバイクDomane(ドマーネ)。マドンやエモンダにはない快適性がなによりの特徴です。そのドマーネシリーズの振動吸収の高さをさらに上げることに成功したのが今回発表されたDomane SLRです。ヘッドまわり、シートチューブまわり、フォーク、ハンドルなどなど各所の構造を変えることで、全体で10%の快適性向上に成功しています。

ロードバイクの選び方

ロードバイクの選び方

Domane SLR7とは? これまでのdomane6と何が違う?

もともと振動吸収性が高く乗り心地の良さが好評を得ていたドマーネ。
それでも、まだまだ改良できるはずだとTREKはさらなる進化をとげたフレームDomane SLR7を開発しました。

1.ISO Speed リア側

シートチューブが独立した独自技術

Domane slr7 ISOスピードリア側

ドマーネを特徴づけているISO Speedテクノロジー(アイソスピードと呼んでいます)。これまでのドマーネはシートチューブとトップチューブ&シートステーが独立し、シートチューブがバイク後方へとしなることでサドルへと伝わる振動をいなしていました。
ドマーネのおかげで道路の凹凸も気にならずずっとサドルに座り続けることができます。
トップチューブ側にベアリングが入った構造をしていて、ドマーネSLR7もこれは変わらず継承しています。

さらに!振動吸収具合が調節可能に

ドマーネSLR7のシートチューブ裏側

しかし、Domane SLR7がすごいのはここから。 振動吸収の度合いを好みに調節ができるようになりました。しなりを出さずに高速で走りたいときにはスライダー(写真の黒い部分)を上側に、振動吸収をなるべく高めたいという場合はスライダーをできるだけ下側に移動することで調節が可能。ボトルケージ取り付けボルトを兼ねているのですが、六角レンチでの調整が可能です。 リア側はこれまでのIso Speedと比較すると14%吸収性がアップしています。

2.ISO Speed をフロント側にも搭載

フォークコラムとヘッドチューブを分離

ドマーネSLR7のISOスピードフロント側

ロードバイクに乗るうえで、サドルと同じように体が接すのがハンドル部分です。
ハンドル部分の振動吸収を高めるためにTREKがドマーネSLR7に搭載したのがフロント側のISO Speedです。
ヘッドチューブにベアリングを搭載したコラム受けを配置することで、前輪から受ける振動を緩和します。

ドマーネSLR7はハンドル周りの振動吸収性が高い

新型ドマーネヘッド

フォークを外してみた写真がこちらです。
ドマーネの開発当初からハンドル周りの改善はできるはずだとこれまで開発が進められてきたそうです。
ハンドルにグッと体重をかけるだけでもしなりを感じられます。実際に路上を走ってみると路面の凸凹に対しても非常にスムーズ。ドマーネ6シリーズにも、ましてやマドンにもエモンダにもない感覚です。

3.Di2搭載モデルにうれしいドマーネコントロールセンター

ドマーネSLR7は電動アルテグラ搭載

domane slr7のSTIレバー

Domane SLR7は電動アルテグラを搭載した完成車モデルです。 電動のコンポーネントをつける場合、内装式のバッテリーをシートチューブにおさめていたのですが、ドマーネSLR7ではフレームの設計上それが不可能に。そのためバッテリーの搭載場所を別の場所に変えました。

バッテリーはダウンチューブに収納

ドマーネのコントロールセンターにバッテリー搭載

ダウンチューブのボトルケージ取り付け台座がある場所に、コントロールセンターを設けることで問題を解消!開けてみるとフレームの蓋の裏側にバッテリーマウントを取り付けできて、すっきりと収納されています。
無駄のない設計。ダウンチューブへのボトルケージの取り付けには全く影響ありません。

4.ダイレクトマウントブレーキ

フレームのクリアランスも広がって28CまでOK

domane slr7ダイレクトマウントブレーキ

ドマーネSLR7のブレーキには、ボントレガーのSpeed Stopダイレクトマウントブレーキがついています。
軽量でいて、さらにクリアランスが広く太いタイヤの装着が可能になりました。
標準装備されているのは700×28Cのスリックタイヤです。太いタイヤで乗り心地抜群。マイペースにゆったりロングライドをしたいという方に最適な仕様です。

Iso speed フォークの形状も変更

新型Domane slr7のフォーク

ダイレクトマウントブレーキの取り付けが可能になったこと以外にも、ぱっと見た目ではわかりにくいですが、フォーク形状も一新しています。もともと弓なりに反ったフォークで振動吸収が高かったのですが、形状とドロップアウト部分を一新してさらに吸収性を高めています。またドマーネSLR7のはコラムまでカーボンのフルカーボンフォークです。

ハンドルを一新!ISO COREハンドル

振動吸収アップ

ボントレガーのISOコアハンドル

フレームにIso Speedを搭載するだけはなくハンドルも新型になっています。ISOコアハンドルというカーボンハンドル。ただのカーボンハンドルではなくて中にもう一層エラストマー素材を入れて振動をカットしています。見た目だとわからないのですが、ハンドルバーをたたいてみると明らかに振動の収まり具合が違います! ドマーネSLR7のISOスピードと合わせて体への負担はかなり軽減されるはずです。

Domane SLR7 トレック独自技術満載!ドマーネらしさを継承

DOMANEを購入してロングライドに出掛けよう!

ロングライドに出掛けてみよう!

OCLV600カーボン

ドマーネslr7のBBまわりBB90

ドマーネSLR7のフレームに使用されているのはトレックが誇るOCLVカーボン600。空隙率を限りなく少なくし、軽量でいて剛性の高いフレームに仕上がっています。
また、トレック独自のBB90という幅広のボトムブラケットを採用しています。
踏んだ力を最大限、車体を進む力に変えることができるのです。

Power Transfer Construction(PTC)テクノロジー

ドマーネSLR7の推進力の高さ

これだけフレームがしなるように設計されていると、ちゃんと進むのか疑問に思われそうなものです。が、ドマーネSLR7はパワーをフレームを進める力にかえるために足回りに妥協はありません。パワートランスファー
コンストラクションと呼ばれますが、BBの位置を低くし低重心であることで安定感が生まれます。踏み込んだ分だけ無駄なく前に進み、高速でもぶれにくいのがドマーネのすばらしいところです。
ドマーネの一度加速するとぐいぐい進んでいく感覚はほかのシリーズでは味わえません。

エンデュランスフィット

ドマーネは乗車姿勢が楽なエンデュランスフィット

Domane Slr7のジオメトリーはエンデュランスフィットを採用。ほかのエモンダやマドンシリーズと比較するとハンドルが近め・高めでリラックスした乗車姿勢が取れるように設計されています。
フレームサイズは50~60cmまで6つのサイズを展開。ドマーネSLR7はアップライトなポジションで快適に乗れるモデルです。
店頭でサイズフィットを行っておりますのでお気軽にご来店ください。

フェンダー取り付け可能

domane slr7にはフェンダーも取り付け可能

ドマーネslr7は天候や路面のコンディション問わずロングライドを楽しみたい方へ最適なロードバイクです。タイヤも通常のロードバイクよりも太目の28mm幅を標準装備しています。
さらにフェンダー取り付け用のマウントもついています。目立たないようにシートステーの裏側にひっそりと。
ドマーネSLRは、遊びの幅をぐっと広げてくれそうな機能が満載です。

デュオトラップセンサー取り付けマウント

ドマーネのデュオトラップセンサーS搭載

domane slr7はフレームにサイクルコンピューターのセンサーを内蔵できます。内蔵できるのはボントレガーのデュオトラップSセンサー。チェーンステーの内側に取り付け専用の穴があいています。
デュオトラップSセンサーはフレームに干渉することなくスマートに取り付けができ、ANT+とBluetooth smartに対応。サイクルコンピューターやスマホと連動してサイクリングデータを確認できます。

ドマーネSLR6 との違いはコンポーネント

同時に発売が開始されたDomane SLR6。
ドマーネSLR7とフレームは同じ、違うのはカラーとコンポーネントです。

Domane SLR7 は電動コンポーネントを搭載

アルテグラDi2でロングライドの快適さを上げる!

電動アルテグラコンポ搭載のドマーネslr7

ドマーネSLR7はシマノの電動のコンポーネント「アルテグラDi2」を搭載。
スイッチを押すだけで変速ができるので、長時間のサイクリングでも変速時の煩わしさから解放されます。
バッテリーは前述の通りダウンチューブのコントロールセンターに収納されます。充電は
ステム下に取り付けられたパーツにUSB接続口があります。
電動アルテグラのレバーは全体的に細見で、ブレーキレバーも握りやすいため、手の小さな人にもおすすめです。

カラーリングはSemigloss Crystal White/Roaran

ドマーネSLR7完成車カラー詳細

ドマーネSLR7はセミグロスクリスタルホワイト。セミグロスなので、ツヤツヤというよりは少しマットのような質感も感じられる落ち着いた色合いです。オレンジカラーがさし色になっていて、トップチューブやフォーク内側、チェーンステーにグラデーションのように配色されています。 ロゴなども一新されているので要チェックです! カラーにこだわりたい!という方はDomane SLRシリーズのプロジェクトワン仕様もご検討ください。

お客様の声

お客様の声

バイクプラスでスポーツバイクを購入し、思いおもいにサイクルライフを満喫しているお客様の声。
女性やご夫婦、ご年配のお客様もマイペースに楽しんでいます。


購入前も購入後もずっと安心「5つの安心」

自転車選びを始める前に知っておきたい「4つのポイント」

バイクプラスで自転車を始めたお客様からの声

試乗ができる自転車

ページの先頭へ戻る