ロードバイクをカラーパーツでカスタム!愛車をカッコよく!カワいく♪カスタマイズする方法

色鮮やかなボトルケージやタイヤなどのカラーパーツ

スポーツ自転車は性能はもちろんですが見た目にもこだわりたいですよね?パーツをちょこっと変えるだけで愛車のイメージが大きく変わります。そんな愛車を簡単にカスタマイズできるカラーパーツ活用術をご紹介します。結構いろんなパーツでお洒落できますので、ぜひぜひ参考にしてみてくださいね♪

ロードバイクをカラーパーツでカスタムする

愛車のロードをカラーカスタマイズをするならハンドル周りから!

カラーのカスタマイズを考えるならまずハンドル周りを改造すべし!

ロードバイクならバーテープ、クロスバイクやマウンテンバイクならグリップと実はカラーだったり質感などとにかく種類が豊富です。自転車のカラーに合わせてみたり、ウェアに合わるのもあり。自分の好みのバーテープやグリップが必ず見つかるはずです。

カラーカスタマイズを目的での交換はもちろんですが、消耗品でもあるので消耗したタイミング交換するのもありです!

バーテープでカラーカスタマイズ

鮮やかなピンク色のバーテープでカスタマイズロードバイクならバーテープ、クロスバイクならグリップとカラーパーツはとにかく種類が豊富。フレームのカラーに合わせたり、好みのカラーをチョイスして自転車に遊び心を!

オレンジ、黄色、黄緑、白、紺。様々なカラーリングのバーテープ
バーテープの場合カラーはもちろんですが質感も種類豊富。必ず自分好みのものが見つかるはずです!

コラムスペーサーでロードバイクをカラーカスタマイズ

金色のコラムスペーサーを入れている様子こちらはコラムスペーサーといってステム下に挟んでいる輪っか状のパーツです。こういった形でカラーのコラムスペーサーで入れることで自転車にカラーのアクセントを加えることができます。パーツも数百円程度と気軽にできるカスタマイズの一つです。

黒、シルバー、赤、青、カーボン、様々なコラムスペーサースペーサ-を差し込むのは一つのカラーだけではなく、いくつかのカラーを組み合わせて使用するのもGOOD! 数種類のカラーを用意しているので、こちらもバイクに合わせたカラーをチョイスしてワンポイントを。

バイクのイメージにまとまりをもたせるカラーケーブル

ブレーキやシフトのアウターワイヤーもカラーパーツでカスタマイズ可能です! こちらもフレームのベースカラーもしくはロゴのカラーと合わせると車体全体のまとまりを持たせることができます。

カラーの種類も豊富ですが、コンポーネントメーカー純正のケーブルが必要になる場合があります。

アウターケーブルでカラーカスタマイズ

水色のロードバイクに白いアウターケーブルと白いバーテープでカスタマイズ車体全体のイメージにまとまりをもたせるカラーケーブル。カラーも豊富。車体のベースカラーやロゴのカラー、ラッキーカラーでもGOOD! カラーを加えるだけで車体のイメージもガラリと変わりますね。

白、黄色、赤、青、緑、黒など、様々な色があるアウターケーブル。消耗品でもあるので消耗したタイミングでバーテープなどと一緒に交換がおススメ!コンポーネントの純正ケーブルが必要になる場合がございますので注意が必要です。

インナーワイヤーキャップでさりげないアクセント

インナーキャップの色使いでさりげないオシャレ細かいワンポイントにワイヤーのきれっぱしを保護するインナーエンドキャップ。こちらも簡単に出来るカスタマイズ!

インナーキャップも様々なカラーがあります。インナーエンドキャップも数種類のカラーリングをご用意!数個単位で入手可能でいずれも数百円程度です。取り付けも簡単なので気軽にできるカスタマイズの一つです。

ホイールもカラータイヤでカスタムを!

スポーツ自転車のホイール周りもカスタマイズが可能です!タイヤやバルブのキャップといったパーツにもカラーパーツでバイクにアクセントを加えることができますよ。最近だと高性能タイヤもカラータイヤのラインナップがあるので種類も豊富になってきています。

カラータイヤで足回りをカスタマイズタイヤを変えると車体全体のイメージががらりと変わります。バイクのフレームカラーに合わせるのもよし、全く違うカラーでアクセントを加えるのもよし!

空気を入れる口(バルブ)もカラーキャップでお洒落にバルブを保護するバルプキャップ。カラーアクセントを加えられると同時に金属製になるので耐久性もバッチリ。パーツも前後2コセットで数百円と簡単にできるカスタマイズ!

フレームにワンポイント加えるボトルケージ

フレームにワンポイントを加えるのがボトルケージ。給水に必須のアイテムでもありますが、バイクの見た目にこだわるならボトルケージのカラーリングにもとことんこだわりたいですよね。こちらも各ブランドからさまざまなカラーリングのものがラインナップされています。

ボトルケージのカラーにもこだわりたい。青いロゴに合わせて青いボトルケージをチョイスフレームカラーに合わせたカラーをチョイス。フレームのベースカラーに合わせるのもよし!色がくどくなり過ぎないようにベースカラーと違うカラーのボトルケージを合わせてみるのもよし!

ボトルケージもカラーラインナップが豊富。各メーカーからカラーラインナップが豊富に出揃います。ボトルの出し入れしやすさなどの性能はもちろんですがカラーもこだわりたいですよね。ブランドごとによってカラーの質感も違うのでバイクに合ったカラーを!

番外編こんなところにもカラーパーツが!

ガーミンのピンク色のカバーガーミンのエッジシリーズにはシリコンケースのカラーバリエーションも。スマートフォン感覚でケースもこだわりたいですよね。カラーもピンクだけではなくもちろんブラックやホワイトなどカラーラインナップは全7種類。

カラフルなペダルビンディングにもスピードプレイやクランクブラザーズといったブランドにカラーペダルがラインナップ。とことんカラーにこだわるならペダルにもワンポイントを!

最後に

いかがでしたか?

いろんなパーツでカラーリングを統一したりするとますますロードバイクに愛着がわくことでしょう。お好きなカラーでカッコよくキメてください♪

色鮮やかなボトルケージやタイヤなどのカラーパーツ

買う時も買った後も
安心保証

購入時だけでなく購入後も安心して自転車を楽しめるように30日間満足保証や1年間パンク保証をはじめ、フィッティングや再調整(馴染み調整)などを無料で行う手厚いサービス。

ロードバイクを購入した
安村様の声

メタボ解消のために運動するように言われ、自転車が最も効率が良い方法と聞きましたが、当時は周りに自転車を乗っている人が居なかったのでそのままになっていました…

クロスバイクを購入した
北原様ご夫妻の声

お店の雰囲気はとても明るく、ディスプレイもごちゃごちゃしていないのでよくあるスポーツサイクルショップのような圧迫感もなく、スポーツサイクル=マニアックといった印象が一瞬で変わりました…