初めてのサイクルウェア 揃えたいウェアとサイズ選びの注意点

アイキャッチ画像「初めてのサイクルウェア 揃えたいウェアとサイズ選びの注意点」

水泳には水泳に適したウェア、ボルダリングにはボルダリングに適したウェア、サイクリングにはサイクリングに適したウェア。スポーツにはそれぞれ適したウェアが存在します。サイクリングに適しているウェアがどんなに機能的なのか、どんなウェアを着用するのか、詳しくご紹介します。サイズの選び方と注意点も必見です。

サイクルウェアには他の服で代用できない独特の機能が満載

サイクリングの姿勢や動作、発汗量に最適に作られているのがサイクルウェア(サイクルジャージ)。そのサイクルウェアの一度着たら快適すぎてやめられない理由・特徴をご紹介します。適したサイズのサイクルウェアを着用してサイクリングをすると、ジーンズやコットンTシャツ、その他のスポーツウェアは着れないという声も多い!

お股の部分にパッドが付いている! しかも、ノーパンで地肌に履く!

股にパッドがついているサイクルパンツのイメージ

スポーツバイクで多くの方が最初に抱える悩み、それが「お尻の痛み」です。パッド付のパンツはそのお尻の痛みを解消してくれる優れもの。これさえあれば痛い思いをすることもなく、楽しいサイクリングになりますね。

また、パッド付パンツには体にフィットするショーツタイプや七分丈パンツなどカジュアルウェアと合わせるインナーパンツがあり、選べるのもうれしい所です。

あら便利!!背中にポケットが!

サイクルウェアの背面ポケットに補給食を入れている様子の写真

サイクルジャージには背中にポケットついています。これがサイクリング中にはとっても便利!

財布や携帯電話、カギ、ちょっとした食料やコンパクトデジタルカメラなど、サイクリングに持っていきたい小物などを入れるのにピッタリです。

ちょっとしたサイクリングはもちろん、ロングライドなどの長時間サイクリングも、このポケットを活用すればバッグなどの余計な荷物を持つ必要が無くなります。

乗車姿勢に合ったフォルムに高いストレッチ性で運動を妨げない!!

サイクルウェアは乗車姿勢にあったフォルムをしているイメージ画像

前傾姿勢・高いサドル位置・ペダリング。スポーツバイクには普段しない姿勢、普段しない動きがたくさんあります。もちろん、サイクルウェアはこの姿勢を考慮した作りになっています。

前傾姿勢でハンドルを握ると腕が前に出て肩のあたりが張るので、あらかじめそのように袖がつけられていたり、非常にストレッチ性の高い素材が使用されていたり、背中がめくり上がるので背中の丈が前に比べて長かったり、実際に着て走るとその使い勝手の良さ・フィット感に驚きます。

他の服で自転車に乗った時の首、肩、腕、腰、お尻、腿などの窮屈な感覚とは無縁です。

吸湿速乾性が高く快適

イメージ画像「サイクルジャージは吸湿速乾性が高く快適」

スポーツに汗はつきもの。ジーンズに綿のTシャツでは、汗を吸ってベタついたり、重たくなってしまったりと不快な思いをします。サイクルウェアにはほとんどのものに、化学繊維で汗を吸い取りやすく、乾き易い素材が使われていて、サイクリングをより快適なものにしてくれます。

表面だけ見るとベタベタしそうな雰囲気でも、裏面は肌離れがとてもいいメッシュ風になっているものもあります。なんといっても安全第一。

着用することで視認性などの安全性もアップ!

イメージ画像「再帰反射素材が配置されていたりするサイクルウェアは安心」

普通の自転車よりも速いスピードで進むスポーツバイク。それゆえに安全性にも気を使いたいところです。サイクルウェアはこの安全性を高めることにも一役買っています。

  • 身体にフィットすることで風の抵抗を下げ、ふらつくことを防ぎます。
  • 余分な部分、はみ出している部分が少ないため、漕いでいる時にどこかに引っ掛けることもありません。
  • 反射素材などを使用し、よりでも視覚性を高めます。

快適なサイクリングだけでなく、安全なサイクリングも考えてサイクルウェアは作られています。

季節や気候によって細かくレイヤリング調整が可能

サイクルウェア夏もの冬物のイメージ画像

普段着でも季節によってウェアを変えますよね。自転車も同じです。しかも、自転車はより気候に左右されるスポーツです。

そのため、気候に応じて各シーズンのジャージやパンツが揃っているだけでなく、グローブ・ウォーマー・ウインドブレーカーといったアクセサリー類も豊富。もちろん全てのアクセサリーが自転車専用なので機能性も抜群です。かゆいところに手が届くのがサイクルウェアなのです。

気になるサイクルウェアのサイズの選び方

サイクルウェアのサイズ選びでよく言われるのが「ぴったりフィットしたサイズを選ぶ」という考え方。この「ぴったり」という言葉が意外と曲者です。

サイクルウェアを初めて購入する方の中には、試着してみた結果のこの「ぴったり」感が不慣れなので、程よいフィット感でもキツイと感じてワンサイズ大きめのものを選択しがちです。

また、特に試着の際に注意したいのが、サイクルウェアはそもそも乗車姿勢をとっている時に快適な裁断になっているということ。

ぴったりはどう判断する?

乗車姿勢でフィット感を選ぶ

直立の状態での立ち姿を鏡でみただけでの判断は禁物です。サイクルウェアは直立姿勢にそもそも適していないので、サイクルジャージの場合だと肩周りや胸回りは窮屈に感じやすく、見た目も突っ張ってヘンなシワがよります。また、前身頃が短いので着丈は短く感じやすいものなのです。

サイクルパンツの場合だと、腰が曲がった前傾状態で快適になるよう裁断されているので、直立時はおヘソ側のフィット感がなく下に引っ張られる感覚やお尻がダボつく感覚があります。直立時に股パッドが激しく浮いている場合は大きい可能性があります。

ですので、自転車を漕いでいる時の姿勢になってフィット感を判断するようにしましょう。やや膝を曲げ腰を屈めて前傾してハンドルを握っているような姿勢をとると、直立時とは全然違って感じます。

また、一般的に洋服やスポーツウェアなどのフィット感を判断する上でポイントとなるのが、身長、肩幅、着丈、胸囲、胴囲、あたりの数値だったりフィット感だったりしますが、サイクルウェアの場合だと、特に胸囲と胴囲の数値・フィット感を重視して選んだ方が快適です。

ホント試着してみないとわからない!

同じメーカーの同じサイズ表記でも、タイトフィットタイプとルーズフィットタイプのジャージがあったりして、サイズ表記的に大丈夫だと思っていてもいざ着用してみるとタイトに感じたりルーズに感じたりすることもありますので、やはり試着するのが無難です。

洋服でもアメリカンサイズと日本サイズはワンサイズ違うということもありますが、サイクルウェアも生産国やブランド・メーカーによって同じ「M」サイズ表記でも、感覚的にワンサイズ程度違うこともあります。

全く同じカット全く同じサイズのウェアでも、使われている生地のストレッチ性でサイズの感じ方や動きやすさの感じ方が違ってきます。裾や袖の構造や縫製によってもフィット感の感じ方が違ったりします。

パンツはビブタイプが快適

ちなみに、サイクルパンツはビブショーツタイプがとてもおすすめです。ペダリング中や歩行中にパンツが下がっていくことがないので煩わしさを感じることがありません。パッドのフィットが安定するというメリットも。

お腹周りもゴムで締め付けられないので、お腹が出てている人もそうでない人も、どちらの人もとてもラクです。それだけウェアのサイズ選びは要注意なんです。しっかりと試着して選ぶのが良いでしょう。

一揃えしておきたい自転車の服

サイクルウェア一式

全身をコーディネートするとこのような感じ。こちらは比較的寒い時期の服装です。

  • ヘルメット
  • サングラス
  • サイクルジャージ
  • サイクルパンツ
  • アンダーウェア
  • グローブ
  • シューズ

他にも、アームウォーマーやジャケット、ネックゲイター、サイクリングキャップ、シューズカバーなどなどありますが、なぜこの様なスタイルが理想的なのでしょうか?

機能については先にご紹介した内容とかぶる部分も多いですが、一揃えしておきたいサイクルウェアスタイルのメリットや特徴を部分的に見ていきましょう。

ヘルメット

イメージ「自転車ウェアとしてのヘルメット」

あなた自身のため、あなたの大切な人のために被りましょう

自転車用に設計された頭部を守るアクセサリーです。ヘルメットの必要なワケ、それは一言で言って命を守るためです。

自転車は決して危険な乗り物ではありません。しかし、不意に転んでしまったり、一瞬の気の緩みから事故に遭ってしまったり。その時に不幸にもヘルメットをかぶっていなかったが故に大事に至ってしまう、そうならないためにもヘルメットをかぶりましょう。

あなたを守るため、あなたの大切な人を悲しませないためにお願いします。

軽い、風通しが良い、自転車用ならではの機能が盛りだくさん

非常に軽いのが自転車用ヘルメットの特徴です。自分自身の力で走るスポーツなのであまり重いヘルメットでは首などにダメージもあるので軽量に造られています。また、通気性がいいのも特徴。頭に汗をかいても蒸れないので不快感も少ないです。最初は慣れないかもしれませんが軽さと快適性からすぐに慣れます!

サングラス

サングラスをヘルメットに差し込み目を瞑っている女性サイクリストの写真

高速スピードにさらされる目をあらゆる外敵から守る

露出している目を紫外線や風・ゴミなど様々な外敵から守ります。サングラスが必要なワケ、多くの理由がありますが、まずは紫外線です。紫外線は目の病気・白内障の原因にもなります。しっかり防がなければいけません。

紫外線が最も増えるのは春から夏にかけてです。もちろん、冬も紫外線が出ていますし、日が出ていなくてもやはり出ています。長時間外にいることが多い自転車では必ずサングラスをかけたいですね。

スポーツバイクのスピードに目は耐えられない

風を防ぐこともサングラスが必要な理由の一つ。風を切って走るスポーツバイクですが、目が風に耐えきれず開けてられなかったり、涙が溢れることも。砂埃などゴミが風と一緒に目を襲います。さらに風に当てられた目は乾燥してしまいますよね。これらから目を守ります。

また、車や前を走っている自転車からはね上げた小石なども危険!そういった全ての外敵からサングラスで目を守るのです。サングラスをしないでライドするのは極力避けたいのが正直なところです。

サイクル・ジャージ

トレック・セガフレードチームジャージの前身頃と後ろ身頃のイメージ

自転車を乗ることを考えて作られた、自転車専用のウェア

スポーツバイクに乗る姿勢やライダーのことをあらゆる面で考えて作られた自転車専用のウェアです。サイクルジャージが必要なワケ、それは一番に汗対策です。自転車で走っていると冬でも汗をかくほど大量の汗をかきます。

そのままにしておくと体が冷えてしまう、風邪をひいてしまう、それを防ぐため、サイクルジャージには吸湿速乾性の素材を使用、そして体にフィットする構造になっているため汗をすぐに乾かしてくれます。

着心地はもちろん、使い勝手も良い!

前傾姿勢や腕を前に伸ばすスポーツバイク。それを考慮し、背中を長く、肩周りをストレッチに作られています。風で服がバタつかないように身体にフィットする設計もGOOD!心地よい快適な走りを提供してくれます。

また、背中のポケットは目からうろこのアイデア機能。携帯やお財布を持っていくも普通のポケットだとどうしても邪魔。ですが背中なら邪魔になりません。防水の袋に入れて背中のポケットへ収納するのがスマート。

サイクルパンツ(ビブショーツ)

サイクルパンツ・ビブショーツの前身頃と後ろ身頃のイメージ

プロライダーから街乗りサイクリストまでみんなが愛用する必需品

素肌に直にはき、お尻には痛みを和らげるパッドの付いた自転車専用のパンツです。サイクルパンツが必要なワケ、それはお尻の痛みの軽減です。スポーツバイクはとても楽なので長時間、長距離を走る方が多いのですが、そうすると誰もがお尻の痛みに悩まされます。

そこでこのパッド付きサイクルパンツ。なんとプロの自転車選手でも使用しているほど必需品! サイクルパンツの有無でお尻の痛みが全く違います。

性能は分かるんだけど、恥ずかしくて着たくない・・・という方におススメのパンツもあります。

最も動く膝周りをはじめ脚の動きを邪魔しないので動きやすいのが特徴です。体にフィットし、吸湿速乾素材を使用しているためすぐに乾きます。しかし、この格好にはちょっと抵抗が・・・という方にはパッド付きインナーパンツがオススメ!これを一番下にはいてその上から7分丈パンツをはけば問題なし。

快適なサイクリングにはサイクルパンツが必需品です。

アンダーウェア

自転車用のノースリーブのアンダーウェア、色は白色

自転車を快適に楽しむためには欠かせない、縁の下の力持ち

サイクルジャージの下に着る快適性をアップさせるためのウェアです。アンダーウェアが必要なワケ、それはジャージと同様、汗を乾かすことにあります。大量にかいた汗をより素早く確実に乾かすことで、体調を崩さない!快適性を失わない! 吸湿速乾性の関してはサイクルジャージ以上の性能を誇ります。

素肌に着るアンダーウェアにこだわりたい

夏はサイクルジャージだけでは足りないほどの汗をかいてしまうことも。アンダーウェアがその有り余る汗を吸い取り、そして素早く乾かします。冬は走れば汗をかき、止まれば急激に冷えます。アンダーウェアが走った時にかいた汗を冷える前に乾かし身体が冷えることを防ぎます。

体温や体調を管理するのにも大きな役目を担うアンダーウェア。素肌に直接着るためこだわりを持って選びたいウェアです。

サイクルグローブ

イメージ「自転車ウェアとしてのグローブ」

ハンドルグリップを高めたり、手に伝わる振動を吸収したり、多機能の自転車用グローブです。サイクルグローブが必要なワケ、それは安全に自転車を運転するためです。

グローブが担う役割は非常にたくさんあります。汗でハンドルから手が滑らないようにする。手に伝わってくる振動を和らげ痛みや疲れを軽減する。転んだときに手を守る。これらは自転車に安全に安心して乗るために必要な機能です。

季節によって使い分けるサイクルグローブ

冬用・夏用サイクルグローブイメージ

夏は気温が非常に高く暑いため、指切りのグローブを着用するのが一般的です。汗をふくために手の甲の部分がタオル地になっているものも多く、うれしい機能ですね。

冬は気温が低く、特に風が冷たいので厚手で防風素材を使用したグローブがオススメです。冬用は厚手ですがハンドルを握ること考えた立体構造をしているため操作性も高くなっているのが特徴です。

ビンディングシューズ

自転車用ビンディングシューズのイメージ

効率よくこげるようになる優れモノ

ペダルに固定させることで効率よくこぐことのできる自転車専用のシューズです。ビンディグシューズをはくメリット、それは”楽”になることです。

スキーのビンディングと同じように、ペダルにシューズがカチッとハマります。ライディングの効率がとっても良くなります。ペダルを踏み付けるというペダリング動作ではなく、足を回すという動作を習得するには必需品ですね。

今まで大変だった長距離が、登れなかった坂道が、出せなかったスピードが、どれも楽にこなせるようになる魔法のシューズです。

とっても簡単!外すときも全く苦労しません

「外れなさそうで怖い」というお客様の声を良く聴きますが、ご安心を! カカトを外側にねじると簡単に外れます。停車する場合は減速しながらあらかじめ片足外しておくのがコツですね。おそらく慣れないうちははめる時に手こずりますが、これもすぐに慣れます。

それでもやっぱり怖い、という方にもおススメなのが、バイクプラス全店で受けられるビンディングスターターFIT。ローラー台を使用した練習を一緒に行い、安心してビンディングシューズを堪能できます。

アイキャッチ画像「初めてのサイクルウェア 揃えたいウェアとサイズ選びの注意点」
お客様の声(ロードバイク)

ロードバイクを購入した
安村様の声

メタボ解消のために運動するように言われ、自転車が最も効率が良い方法と聞きましたが、当時は周りに自転車を乗っている人が居なかったのでそのままになっていました…

お客様の声(クロスバイク)

クロスバイクを購入した
北原様ご夫妻の声

お店の雰囲気はとても明るく、ディスプレイもごちゃごちゃしていないのでよくあるスポーツサイクルショップのような圧迫感もなく、スポーツサイクル=マニアックといった印象が一瞬で変わりました…

お問い合わせやご相談はお気軽に各店舗まで!

バイクプラスでは、スポーツ自転車初心者の方が安心してサイクルライフをスタートできるよう、また、安心してサイクリングを楽しめるよう、ただ自転車に詳しいだけでない、豊かな人間性を持った個性溢れるスタッフ達が、元気よくお客さまの自転車ライフをサポートします。