初めてのサイクルウェア 揃えたいウェアとサイズ選びの注意点

アイキャッチ画像「初めてのサイクルウェア 揃えたいウェアとサイズ選びの注意点」

水泳には水泳に適したウェア、ボルダリングにはボルダリングに適したウェア、サイクリングにはサイクリングに適したウェア。スポーツにはそれぞれ適したウェアが存在します。サイクリングに適しているウェアがどんなに機能的なのか、どんなウェアを着用するのか、詳しくご紹介します。サイズの選び方と注意点も必見です。

サイクルウェアには他の服で代用できない独特の機能が満載

サイクリングの姿勢や動作、発汗量に最適に作られているのがサイクルウェア(サイクルジャージ)。そのサイクルウェアの一度着たら快適すぎてやめられない理由・特徴をご紹介します。適したサイズのサイクルウェアを着用してサイクリングをすると、ジーンズやコットンTシャツ、その他のスポーツウェアは着れないという声も多い!

お股の部分にパッドが付いている! しかも、ノーパンで地肌に履く!

股にパッドがついているサイクルパンツのイメージ

スポーツバイクで多くの方が最初に抱える悩み、それが「お尻の痛み」です。パッド付のパンツはそのお尻の痛みを解消してくれる優れもの。これさえあれば痛い思いをすることもなく、楽しいサイクリングになりますね。

また、パッド付パンツには体にフィットするショーツタイプや七分丈パンツなどカジュアルウェアと合わせるインナーパンツがあり、選べるのもうれしい所です。

あら便利!!背中にポケットが!

サイクルウェアの背面ポケットに補給食を入れている様子の写真

サイクルジャージには背中にポケットついています。これがサイクリング中にはとっても便利!

財布や携帯電話、カギ、ちょっとした食料やコンパクトデジタルカメラなど、サイクリングに持っていきたい小物などを入れるのにピッタリです。

ちょっとしたサイクリングはもちろん、ロングライドなどの長時間サイクリングも、このポケットを活用すればバッグなどの余計な荷物を持つ必要が無くなります。

乗車姿勢に合ったフォルムに高いストレッチ性で運動を妨げない!!

サイクルウェアは乗車姿勢にあったフォルムをしているイメージ画像

前傾姿勢・高いサドル位置・ペダリング。スポーツバイクには普段しない姿勢、普段しない動きがたくさんあります。もちろん、サイクルウェアはこの姿勢を考慮した作りになっています。

前傾姿勢でハンドルを握ると腕が前に出て肩のあたりが張るので、あらかじめそのように袖がつけられていたり、非常にストレッチ性の高い素材が使用されていたり、背中がめくり上がるので背中の丈が前に比べて長かったり、実際に着て走るとその使い勝手の良さ・フィット感に驚きます。

他の服で自転車に乗った時の首、肩、腕、腰、お尻、腿などの窮屈な感覚とは無縁です。

吸湿速乾性が高く快適

イメージ画像「サイクルジャージは吸湿速乾性が高く快適」

スポーツに汗はつきもの。ジーンズに綿のTシャツでは、汗を吸ってベタついたり、重たくなってしまったりと不快な思いをします。サイクルウェアにはほとんどのものに、化学繊維で汗を吸い取りやすく、乾き易い素材が使われていて、サイクリングをより快適なものにしてくれます。

表面だけ見るとベタベタしそうな雰囲気でも、裏面は肌離れがとてもいいメッシュ風になっているものもあります。なんといっても安全第一。

着用することで視認性などの安全性もアップ!

イメージ画像「再帰反射素材が配置されていたりするサイクルウェアは安心」

普通の自転車よりも速いスピードで進むスポーツバイク。それゆえに安全性にも気を使いたいところです。サイクルウェアはこの安全性を高めることにも一役買っています。

  • 身体にフィットすることで風の抵抗を下げ、ふらつくことを防ぎます。
  • 余分な部分、はみ出している部分が少ないため、漕いでいる時にどこかに引っ掛けることもありません。
  • 反射素材などを使用し、よりでも視覚性を高めます。

快適なサイクリングだけでなく、安全なサイクリングも考えてサイクルウェアは作られています。

季節や気候によって細かくレイヤリング調整が可能

サイクルウェア夏もの冬物のイメージ画像

普段着でも季節によってウェアを変えますよね。自転車も同じです。しかも、自転車はより気候に左右されるスポーツです。

そのため、気候に応じて各シーズンのジャージやパンツが揃っているだけでなく、グローブ・ウォーマー・ウインドブレーカーといったアクセサリー類も豊富。もちろん全てのアクセサリーが自転車専用なので機能性も抜群です。かゆいところに手が届くのがサイクルウェアなのです。

気になるサイクルウェアのサイズの選び方

サイクルウェアのサイズ選びでよく言われるのが「ぴったりフィットしたサイズを選ぶ」という考え方。この「ぴったり」という言葉が意外と曲者です。

サイクルウェアを初めて購入する方の中には、試着してみた結果のこの「ぴったり」感が不慣れなので、程よいフィット感でもキツイと感じてワンサイズ大きめのものを選択しがちです。

また、特に試着の際に注意したいのが、サイクルウェアはそもそも乗車姿勢をとっている時に快適な裁断になっているということ。

ぴったりはどう判断する?

乗車姿勢でフィット感を選ぶ

直立の状態での立ち姿を鏡でみただけでの判断は禁物です。サイクルウェアは直立姿勢にそもそも適していないので、サイクルジャージの場合だと肩周りや胸回りは窮屈に感じやすく、見た目も突っ張ってヘンなシワがよります。また、前身頃が短いので着丈は短く感じやすいものなのです。

サイクルパンツの場合だと、腰が曲がった前傾状態で快適になるよう裁断されているので、直立時はおヘソ側のフィット感がなく下に引っ張られる感覚やお尻がダボつく感覚があります。直立時に股パッドが激しく浮いている場合は大きい可能性があります。

ですので、自転車を漕いでいる時の姿勢になってフィット感を判断するようにしましょう。やや膝を曲げ腰を屈めて前傾してハンドルを握っているような姿勢をとると、直立時とは全然違って感じます。

また、一般的に洋服やスポーツウェアなどのフィット感を判断する上でポイントとなるのが、身長、肩幅、着丈、胸囲、胴囲、あたりの数値だったりフィット感だったりしますが、サイクルウェアの場合だと、特に胸囲と胴囲の数値・フィット感を重視して選んだ方が快適です。

ホント試着してみないとわからない!

同じメーカーの同じサイズ表記でも、タイトフィットタイプとルーズフィットタイプのジャージがあったりして、サイズ表記的に大丈夫だと思っていてもいざ着用してみるとタイトに感じたりルーズに感じたりすることもありますので、やはり試着するのが無難です。

洋服でもアメリカンサイズと日本サイズはワンサイズ違うということもありますが、サイクルウェアも生産国やブランド・メーカーによって同じ「M」サイズ表記でも、感覚的にワンサイズ程度違うこともあります。

全く同じカット全く同じサイズのウェアでも、使われている生地のストレッチ性でサイズの感じ方や動きやすさの感じ方が違ってきます。裾や袖の構造や縫製によってもフィット感の感じ方が違ったりします。

パンツはビブタイプが快適

ちなみに、サイクルパンツはビブショーツタイプがとてもおすすめです。ペダリング中や歩行中にパンツが下がっていくことがないので煩わしさを感じることがありません。パッドのフィットが安定するというメリットも。

お腹周りもゴムで締め付けられないので、お腹が出てている人もそうでない人も、どちらの人もとてもラクです。それだけウェアのサイズ選びは要注意なんです。しっかりと試着して選ぶのが良いでしょう。

次のページでは揃えるべきサイクルウェア(ジャージ・小物)をご紹介します。

アイキャッチ画像「初めてのサイクルウェア 揃えたいウェアとサイズ選びの注意点」
お客様の声(ロードバイク)

ロードバイクを購入した
安村様の声

メタボ解消のために運動するように言われ、自転車が最も効率が良い方法と聞きましたが、当時は周りに自転車を乗っている人が居なかったのでそのままになっていました…

お客様の声(クロスバイク)

クロスバイクを購入した
北原様ご夫妻の声

お店の雰囲気はとても明るく、ディスプレイもごちゃごちゃしていないのでよくあるスポーツサイクルショップのような圧迫感もなく、スポーツサイクル=マニアックといった印象が一瞬で変わりました…

お問い合わせやご相談はお気軽に各店舗まで!

バイクプラスでは、スポーツ自転車初心者の方が安心してサイクルライフをスタートできるよう、また、安心してサイクリングを楽しめるよう、ただ自転車に詳しいだけでない、豊かな人間性を持った個性溢れるスタッフ達が、元気よくお客さまの自転車ライフをサポートします。