HOME

バイクプラスとは 求人・採用情報 社員の声

社員インタビュー|自転車専門店バイクプラス採用情報

社員の声

Q1. 前職は何を?

A1. 高校生でした。自転車が好きで時間がある時はいつもサイクリングをしてました。

A1. 物流関係の会社に勤務し、商品の入出庫、保管業務など倉庫業務全般のオペレーションを担当していました。人生一度きりなので、好きな自転車の仕事がしたいと思い某アウトドアショップの自転車売り場にアルバイトとして勤務していました。

A1. 大学を卒業してすぐに温泉旅館にて勤務していました。その後退職し学生時代のツーリング経験を生かせると思い埼玉県内のスポーツショップに転職しました。そこでは主にアウトドア用品の売り場を担当しテントやウェア類など販売していました。

Q2. バイクプラスを志望した理由は?

A2. 大学でやっていた事を仕事にしたいと思ったのがきっかけです。お店の雰囲気が明るくて自分の知っているスポーツバイク販売店とは印象が違ったのも理由です。

A2. 大学で自転車部に所属してツーリングを楽しんでいました。そのころから自分でも自転車をいじったりしていましたが、うまくいかずむしろ後戻りできない状態になったことも。そんな中で自分で自転車が修理できればいいなと思おもっていました。バイクプラスは今まで行ったことのある自転車店とは違い、綺麗で雰囲気がよく興味を持ちました。また、初心者でもしっかり研修等が充実しており安心して働けると思い決めました。

A2. もともとはバイクプラスの顧客のひとりでした。どんな要望にも的確に応えてくれるプロショップであるのに、自分のようなビギナーに対してとても親切丁寧な接客をされているのが印象的でした。また勤めている人たちが楽しそうで雰囲気も良く、自分も自転車の仕事をするならこのような環境で働きたいと思い応募しました。

A2. もともと学生の時、某総合スポーツ店のアウトドアコーナーにいました。その中でスポーツバイクに触れるようになり自転車の興味を駆り立てたのがこの業界への踏み出すきっかけでした。そのうち、もっと詳しく知ったみたいという気持ちになりプロショップのような環境を探していたところ、それがバイクプラスでした。「敷居が低く、だれでも入りやすい!」そんなお店が自分の中で理想的なお店だったのかもしれません。

A2. まずは自転車関連の企業で働きたいと思い、インターネットで採用情報を検索しました。バイクプラスに応募しようと思ったのは、初心者の人にやさしいお店だなとHPを見て感じたからです。自転車は好きで、自分でできるかぎりパーツ交換はしていましたが、メーカーもパーツの違いも、メンテナンス本で読んだ程度。まったくその当時分かっていなかったのですが、バイクプラスはプロショップっぽくなくて、自分でも楽しいを伝えることはできそうだなと思えました。

Q3. 仕事のやりがいは?

A3. 休日に何人かでロングライドに出かけたときの様子をブログにレポートしたら、お客様から「ブログ見たよ、みんな楽しそうだね」と声をかけられたりすること。逆にお客様から情報をいただくこともあり、こういった双方向のコミュニケーションがとても楽しくやりがいがあります。

A3. お店の中はもちろん仕事として課題や難題は常に発生するものですが、しっかり物事に向き合って目標や成果が達成できた時。なんとかしようと頑張って結果的にお客様に喜んでもらえた時は達成感がありますね。

A3. ウェブコンテンツ制作。いろいろなコンテンツを考えるだけでワクワクします。時間のかかる作業ですがやり終えたとき、多くのサイクリストからの反応があったとき、結果が出たときはやりがいを感じます。

A3. ご案内したお客様に「また来ます」や「バイクプラスにして良かった」「ここなら安心だ」等の暖かいお言葉と笑顔を頂戴できることお手伝いできることです。

A3. やりがいは自身の成長を仕事に活かす事が出来た時です。技術的な事だけではなく学んだことにより物事に対し違う見方ができるようになった時に成長を感じます。抽象的な書き方になってしまいますが「昔の自分なら○○しか考えなかっただろうな」と振り返ることができるのが仕事での成長の一つではないでしょうか。

A3. はじめてスポーツバイクに乗るというお客様が多いのですが、はじめての試乗で、感動したり、すごい楽しそうだったり、笑顔を見るととてもうれしくなります。誰かの人生はじめてに立ち会える瞬間というのは、貴重だと思います。買っていただいたあとに、楽しんでいるお話をきかせていただいたり、困っていることを相談されたりするとさらにうれしいですね。

A3. 毎日同じ仕事ではないので常に新しい気持ちで仕事に向かっています。またお客様から頼られる店を目指して感謝のお言葉を頂いた時は本当にうれしいです。

A3. どんな内容の業務であれ、お客様に感激してもらえるような仕事ができると内心ではガッツポーズ。長く付き合っていく自転車だからこそ、その自転車に対してただ頼まれた仕事をするのではなく、+αの嬉しさを感じてもらえると自分のがんばりが役に立っていると実感します。

Q4. 勤めて成長したことは?

A4. クロスバイク以外のことはほとんど知識が皆無だった私でも、組立や修理等一通りのことができるようになりました。ときにはきびしく言ってくれて、ときにフォローしてくれる先輩たちのおかげです。まだまだだなと落ちこむことはたくさんありますが、支えてくれる仲間の存在が大きいです。

A4. 自転車の組立修理といった専門スキルに目が行きがちですが、小売店として必要なお客様への接し方や基本的な考え方、お店や会社の中でチームで働く事の重要さについて理解する事ができたのかなと思います。

A4. 知識や技術はもちろんですが小売業として自分達に求められている事はなんぞや?という部分を常に考える習慣ができた事でしょうか。商売として自転車の事だけがすべてではなく乗っている、これから乗りたいと思っている方に対してどんな事ができるんだろうという事を意識することでスポーツサイクルというモノとしてでなくサイクリストの人生を豊かにするために仕事をするという視点に気付けた事は今後商売として携わる中でとても重要なことを働きながら学べたと感じています。

A4. 私たちの落ち度によりお客様から厳しいお言葉を頂戴することもありますが、誤魔化そうとせず真摯に対応できたことで逆に最後に褒めてくださったとき、社会人としての成長を感じました。

Q5. 目標は?

A5. 誰よりも速く正確に自転車の組み立てや整備ができるようになりたいです。

A5. 次から次へとやってくる壁を楽しみながら乗り越えること。

A5. 日本一のどんなサイクリストにも優しいお店をつくりたいです。知識や経験のないスポーツバイク初心者でも、もうすでにレースやロングライドを楽しんでいるかたなど、いろんな人が気軽に相談でき、困った時になんでもできるようになりたいです。そのためにさまざまな自転車に関する知識をしっかり身に着けます。

A5. 沢山のサイクリストから信頼される店作り。どんどんお店を増やしていければいいなと思います。

A5. バイクプラスで自転車を始めて本当に良かったと常に言っていただけるお店を目指したいと思います。そのために、お客様の思いに応えられるように、自発的に成長し続けられるスタッフが揃う会社にしていきたいと思います。

Q6. 就職活動・転職活動中の皆さんへメッセージ

A6. 知識や経験がなくとも、成長しようという強い気持ちがあれば、一人の社会人として一人の自転車マンとして大きく成長することがっできます。ともに切磋琢磨してがんばりましょう!

A6. 小売店としての知識も自転車の詳しい知識がまったくなかった私でも、知識が増え、販売できるものも増え、後輩がたくさんできて、確実にステップアップしているのを実感できます。大変なこともありますが、働くことは楽しいことです!

A6. 「自転車が好き」であったり、「自身を成長させたい」などの気持ちが一番大事です。皆さんが不安に感じている仕事の経験や知識は後からついてきますし、そこをサポートするのが我々先輩社員の役目です。学ぶことは多いですが一緒に頑張っていきましょう。

応募方法

自転車専門店バイクプラスの採用試験にエントリーする バナーをクリックするとエントリーシート(pdf)をダウンロードできます。

正社員・契約社員・アルバイト、高卒・専門短大卒・大卒、新卒・中途問わず、随時採用活動を行っております。エントリーシートをダウンロードし必要事項をご記入の上、下記宛先までご送付ください。皆さまのご応募をお待ちしております。

送付先
〒206-0034
東京都多摩市鶴牧2-9-15
バイクプラス多摩センター店
採用担当宛

ページの先頭へ戻る