HOME

バイクプラスとは 修理・メンテナンス 愛車の健康状態ココをチェック

愛車の健康状態、ここをチェック

タイヤの空気圧・磨耗・亀裂・損傷

タイヤの消耗状態や空気圧のチェック・キズ・ひび割れ・亀裂などをチェック。あんまり擦り減っていなくても、ゴムだから劣化してダメになる場合も。

「タイヤの空気圧・キズ・ひび割れ・亀裂」 同じ箇所でパンクが続いたら・・・タイヤに何かが刺さっている証拠だ

空気圧をチェック。そしてタイヤ中央の走行面が減っていないか、走行面やサイドにキズや切れ目がないか、ゴムが劣化してヒビや亀裂が入っていないかを確認しましょう。
特に鋭利なモノを踏んでパンクした場合はタイヤが切れている可能性があるので要チェック。また、擦り減っているのをそのままにしているとタイヤのゴム部分が無くなってしまう事も・・・。
パンクの原因としてタイヤに何かが刺さったままの可能性があるのでタイヤの表面を確認、刺さっている場合は取り除いておこう。

ブレーキの片効き・シューの磨耗

ブレーキシューが片側だけ当たっていたりしないか確認しましょう。

ブレーキの片効き ブレーキの片効き、偏摩耗などをチェック。溝がなくなる前には交換したほうがいい。

下りが多い場合や雨天時の走行は、ブレーキシューの消耗が激しくなります。ブレーキシューに刻まれている溝がなくなる手前で交換しましょう。ブレーキシューが片方だけすり減っていたり(片効き)、偏摩耗している時はブレーキの位置や車輪が真っ直ぐ入っているかをチェック。

シューが摩耗し過ぎていないかチェック。溝がなくなる前に交換が基本です。

摩耗したブレーキシューと新しいブレーキシュー。比べてみるとシューの減り具合がよくわかる。

シューに小砂利が埋まってしまい、ホイールのリムを削ってしまうことがあります。何かを挟んでいるような音がしたら念のためチェックして、取り除きましょう。 またブレーキシューやリムに汚れが付着している場合も制動に影響が出るので綺麗にしましょう。

チェーンの汚れ・錆び・伸び

チェーンの錆は汚れを落とす事で気づく場合があります。錆びたらすぐに交換しましょう。

チェーンの汚れを落とした時に錆をチェック!

チェーンの汚れや錆びをチェック。特にオイルが切れているとチェーンの消耗が早くなり、錆びてしまう事があります。汚れがひどい場合は洗浄しましょう。その時にチェーンの錆が出てきている場合はチェーンを交換しましょう。チェーンの汚れを落として注油すれば変速のパフォーマンスが回復します。

チェーンは3000キロ程度の走行を目安に交換するものです。実際の伸びを確認するには専用工具が必要なのでお店で確認しましょう。

チェーンの伸び、錆び、ねじれ このチェーンチェッカーを使えば一目瞭然。1%までの伸び具合がチェックできます。

チェーンを構成する小さなプレートやピンが摩耗しガタつくとチェーンが伸びてしまいます。極度の伸びは、チェーン切れを起こす可能性が高く大変危険です。伸びはギアチェンジの性能が著しく低下する原因になるので、1%の伸びで交換しましょう。一般的に3000km程度で交換とも言われていますが、使用条件などによって寿命は大きく変化します。
サビや極度の汚れもそうですが、伸びもまたギアの歯の摩耗も促進してしまうので交換が必要となります。
ただ、このチェーンの伸びは見ても分かりにくい部分。
気になる場合は工具を用意している専門のショップに相談してみよう。

ワイヤーの伸び・汚れ・錆び・ほつれ

新車やワイヤー交換した後しばらくは『なじみ』と呼ばれる調整の狂いが出やすい傾向にありますので気にかけておきましょう。

錆びは変速やブレーキのパフォーマンスに影響します。

新車やワイヤー交換した後は『なじみ』と呼ばれる乗っていくうちに張り具合がゆるんでしまう事があります。その際はワイヤーを張り直したり調整ボルトで調整します。
またワイヤーがむき出しになっている部分は汚れや錆びの原因になりやすいので雨の日に乗車した際にはこまめに拭き取る等しましょう。またネジでワイヤーを締めつけてある部分がほつれたり切れたりしないかをチェックしましょう。

気になる音

普段しなかった「変な音」が鳴っていないか気にかけておきましょう。問題ない音なのか不調を知らせる音なのか判断がつかない場合はお店にご相談ください。

走行中に今までしていなかったはずの音に気づいたら・・・詳しい人やショップに相談しましょう。

『パキパキ』『ミシミシ』『コキコキ』
一周回ごとになる音や常になる音などいろいろあります。
通常の消耗などからくる特に異常ではない音もあれば、ネジが緩んだりしていてホントに危険な状態の音もあります。
また、自転車はパイプ形状の為に音の発生している場所と原因となっている場所が異なる場合もあります。
早めの対処でその後の寿命に大きく差が出てしまうものです。

気になる点があったらバイクプラス各店に気軽にご相談ください!

私達がご案内いたします。

バイクプラスでは、自店購入他店購入の隔たりなく、修理やメンテナンスを受け付けています。
定期的にバイクプラス各店にお持込みください。無料で点検し、必要な修理メンテナンス作業をご案内ご提案させていただきます。

ページの先頭へ戻る