HOME

バイクプラスとは 修理・メンテナンス まずは簡単に出来ることから

「愛車のお手入れ まずは簡単に出来ることから始めよう」スポーツ自転車の知識がなくても、大切にしたい愛車の為に簡単にできることがあります。人間に例えるなら、ちょっとした身だしなみみたいなこと。

タイヤ空気圧の管理しよう

風船と一緒で放っておいてもタイヤの空気は抜けるもの。適した空気圧はタイヤの製品によって様々。

ロードバイクのタイヤに空気を入れている様子 ロードバイクのタイヤに空気を入れているところ。走行前には必ず適正かどうか確認しよう

自転車に乗る乗らないに関わらずタイヤの空気は抜けてしまうので、定期的に確認をしましょう。
走行に適した空気圧はタイヤによって違い、乗る人の体重などによっても異なります。使用範囲内で好みの圧力を把握しておくといいですね。タイヤのサイドに下限から上限の空気圧設定が数値(PSIやBAR)で記されているので確認しておきましょう。
またタイヤの太さにもよりますが、少なくとも1~2週間に1回は空気圧を確認しましょう。特にロードバイクなど細身のタイヤの場合は圧が下がるのが早いです。触った感触などの感覚に頼らず、数値で管理することがパンク予防や快適な走りにつながります。

乗車後は拭き掃除をしよう

汚れは性能を悪化させる原因なので小マメな拭き掃除を。

ロードバイクの拭き掃除をしている様子 サイクリング直後に軽くフレームやホイールを拭く習慣を付けると簡単にきれいな状態をキープできます。

汚れはロードバイク・クロスバイク・MTBの見た目を損なうだけでなく、性能を悪化させる原因でもあります。部屋の掃除などと一緒で、マメに拭き掃除をすることで自転車のきれいで快適な状態は長持ちします。
特に雨に降られた後のホイールまわりの汚れは濡れてるうちに拭き取りましょう。
目線に近いところで作業をすることで自転車の状態の変化に気づくことも出来て、出先のトラブルの事前回避にもつながります。

定期的にチェーンに注油をしよう

錆びの予防と潤滑のためには注油が必要。付け過ぎも汚れを寄せ付けやすくなるので要注意!

チェーンに注油をしている様子 チェーンがうっすらオイルに覆われるだけで、錆び防止にもなり摩耗も抑えることができます。そしてなにより音が静かになる!

必要箇所への適切な注油はチェーンの動きや、ブレーキ、変速機などの操作を軽くしてくれます。
錆びたチェーンを新品に交換すると、音も静かで走りが軽くなります。古くなったワイヤーを新品に交換すると、レバーの操作が軽くなるのも同様です。注油をすることで消耗を抑えて、いい状態をキープすることができます。
快調を維持するためにも適切な注油が大切です。自転車専用に開発された潤滑剤があり、ベタつかないタイプや雨に強いタイプなど様々です。

動画でメンテナンス方法をご紹介しています

どちらで買われた自転車でも無料で点検見積します!

私達がご案内します! アメリカのメカニックスクールに留学し最高位のメカニックに認定された数少ない日本人(大宮店北村)

バイクプラスでは、自店購入他店購入の隔たりなく、修理やメンテナンスを受け付けています。
定期的にバイクプラス各店にお持込みください。無料で点検し、必要な修理メンテナンス作業をご案内ご提案させていただきます。

ページの先頭へ戻る