HOME

スポーツ自転車をはじめる 初めての自転車ウェア選び ココが凄い!!サイクルウェアの特徴

ココが凄い!!サイクルウェアの特徴

サイクルウェアのココが凄い!

サイクリングの動作に最適。

サイクリングの姿勢や動作、発汗量に最適に作られているのがサイクルウェア(サイクルジャージ)。そのサイクルウェアの一度着たら快適すぎてやめられない理由・特徴をご紹介します。

Q. なんでサイクルウェア?

サイクルウェア サイクルウェアの効果は絶大!一度着たら、もう手放せません。

サイクルウェアを選ぶ理由、それは、
・快適
・楽
・便利
・安全
といったところです。
自転車のため"だけ"に作られたウェアが、サイクルライフをよりワンステップ上の楽しさを提供してくれますよ。
ここではサイクルウェアの代表的な特徴をご紹介していきます。

シーズンや気候によって細かく調整が可能

長袖半袖はもちろん、保温性や防風性などの違いもあり、気候にあったチョイスが可能です。

普段着でも季節によってウェアを変えますよね。
自転車も同じです。
しかも、自転車はより気候に左右されるスポーツです。
そのため、気候に応じて各シーズンのジャージやパンツが揃っているだけでなく、グローブ・ウォーマー・ウインドブレーカーといったアクセサリー類も豊富。
もちろん全てのアクセサリーが自転車専用なので機能性も抜群です。
かゆいところに手が届くのがサイクルウェアなのです。

他のウェアで代用できない自転車専用機能が満載

パッド付パンツ

パッド付パンツ お尻へのダメージを防ぐために考えられた作りをしています。

スポーツバイクで多くの方が最初に抱える悩み、それが「お尻の痛み」です。
パッド付のパンツはそのお尻の痛みを解消してくれる優れもの。
これさえあれば痛い思いをすることもなく、楽しいサイクリングになりますね。
また、パッド付パンツには体にフィットするショーツタイプや七分丈パンツなどカジュアルウェアと合わせるインナーパンツがあり、選べるのもうれしい所です。

背中のポケット

サイクルウェア ポケット サイクルジャージについているポケットは意外にも大きな容量で使い勝手◎

サイクルジャージには背中にポケットついています。
これがサイクリング中にはとっても便利!

財布や携帯電話、カギ、ちょっとした食料やコンパクトデジタルカメラなど、
サイクリングに持っていきたい小物などを入れるのにピッタリです。

ちょっとしたサイクリングはもちろん、ロングライドなどの長時間サイクリングも、このポケットを活用すればバッグなどの余計な荷物を持つ必要が無くなります。

乗車姿勢に合ったフォルム

サイクルウェア 高速域で走るスポーツバイクには体にフィットするウェアの方が、快適で安全!

前傾姿勢・高いサドル位置・ペダリング。
スポーツバイクには普段しない姿勢、普段しない動きがたくさんあります。
もちろん、サイクルウェアはこの姿勢を考慮した作りになっています。
前傾姿勢でハンドルを握ると肩のあたりが張るので、非常にストレッチ性の高い素材が使用されていたり、
背中がめくり上がるので背中の丈が前に比べて長かったり、
実際に着て走るとその使い勝手の良さ・フィット感に驚きます。

サイクルウェアは安全性を高めることが出来る

反射素材が使われているので夜も安心のサイクルウェア。

普通の自転車よりも速いスピードで進むスポーツバイク。
それゆえに安全性にも気を使いたいところです。
サイクルウェアはこの安全性を高めることにも一役買っています。
・身体にフィットすることで風の抵抗を下げ、ふらつくことを防ぎます。
・余分な部分、はみ出している部分が少ないため、漕いでいる時にどこかに引っ掛けることもありません。
・反射素材などを使用し、よりでも視覚性を高めます。
快適なサイクリングだけでなく、安全なサイクリングも考えてサイクルウェアは作られています。

吸湿速乾性が高く快適

サイクルウェア 汗 吸湿速乾性の高いサイクルウェアなら長時間のライドも不快感がありません。

スポーツに汗はつきもの。ジーンズに綿のTシャツでは、汗を吸ってベタついたり、重たくなってしまったりと不快な思いをします。サイクルウェアにはほとんどのものに、化学繊維で汗を吸い取りやすく、乾き易い素材が使われていて、サイクリングをより快適なものにしてくれます。

表面だけ見るとベタベタしそうな雰囲気でも、裏面は肌離れがとてもいいメッシュ風になっているものもあります。
なんといっても安全第一。

カジュアルのサイクリングウェアもあります!

自転車 カジュアル カジュアル系サイクルウェアは性能とビジュアルの両方をバランスよく持っているウェアです。注目度も非常に高い!

サイクルウェアと聞くとあの体にピタッとフィットするウェアを想像しますよね。しかし、カジュアル系のサイクリングウェアも存在します。
これも正真正銘の自転車専用ウェア。ズボンの股の部分に縫い目がなかったり、シャツは背中が長く、ポケットがあったり、ストレッチで吸湿速乾性の高い素材で出来たり、自転車乗りに嬉しい機能がしっかりと揃っています。

ページの先頭へ戻る