HOME

スポーツ自転車をはじめる スポーツ自転車とは? 基本3車種の選び方 初心者必見クロスバイクの選び方

初心者必見!クロスバイクの選び方

初心者必見!失敗しないためのクロスバイクの選び方

クロスバイクとは、ロードマウンテンの中間的存在で、もっとも取っ付きやすいのが特徴です。シティユースはもちろん、ツーリングで長い距離を走る方や、ロードバイクを持っているけども日常のちょっとした足(街乗り用セカンド自転車)としてお使いになるなど、幅広く人気なのがこのクロスバイクです。クロスバイク初心者の方のために、いくつかのポイントに別けてクロスバイクについて詳しくご紹介します!

1.初心者でもとっつきやすい!クロスバイクの特徴

クロスバイクの特徴①

フラットハンドルが標準装備。ブレーキも握りやすいし変速レバーも操作しやすい。こまかなバイクコントロールも思いのまま。

クロスバイクのフラットハンドル

クロスバイクを選ぶ際にポイントとなる特徴「ハンドル」。一直線のハンドルはなじみの深い形状。ハンドルの幅が少し広いので細かなハンドル操作が可能です。乗りなれたシティサイクルにも採用されているハンドルだから、市街地で安心して操作できます。人通りや車の多い市街地で抜群の操作性を発揮します。

クロスバイクの特徴②

シティサイクルに近いアップライトな乗車姿勢で乗車できるから気楽。顔が自然に下ではなく前に向くので視界が広く安全です。

アップライトな乗車姿勢のクロスバイク

クロスバイクは人通りや車の多い市街地でも視界が広く取れるのでより安全に走行できます。郊外やサイクリングロードで景色を楽しみながら走行するのにも適しています。親しみやすい乗車姿勢もクロスバイクを選ぶポイントです。

クロスバイクの特徴③

クロスバイクのタイヤはシティサイクルに近い細すぎない安心感のある太さ。

細すぎず、太すぎないタイヤのクロスバイク

タイヤが細いロードバイクほど効率よくスピードはでませんが、かなり軽快な速度で走行していても抜群の乗り心地と安定感があり、ちょっとした荒れた路面も安心して走行できます。歩道の段差などを越える時もタイヤが太いマウンテンバイク程ではありませんが、安心して走行できます。スピード効率を重視したロードバイク並みの細みのタイヤに交換することもできるタイプも多いので1台でいろいろ楽しめます。

2.だからおすすめ!クロスバイクの魅力

「クロスバイク」は、「マウンテンバイク」と「ロードバイク」の両方の特長を兼ね備えた自転車です。マウンテンバイクほどハードなオフロードは走らないが、ロードバイクのように舗装道路しか走らないわけではないという方にぴったりな、幅広い使用目的で使いこなせるオールマイティーなスポーツ自転車です。

クロスバイクの魅力①

シティサイクルに近い気軽さととっつきやすさ。

カジュアルな服装でも楽しめるのがクロスバイク

クロスバイクは、見た目がシティサイクルに近いだけでなく、価格帯がロードバイクMTBほど高額ではないため、最も気軽に始められるスポーツ自転車と言えます。10km程度までの距離の自転車通勤では、クロスバイクを使用している方が非常に多いです。スポーツ自転車初心者の方に近年とても人気があります。普段着感覚でカジュアルに使うことができます。

クロスバイクの魅力②

シティサイクルよりも全然軽快!

軽快に走れるクロスバイク

シティサイクルにのような感覚で乗れるけれど、クロスバイクはひと漕ぎするとその軽さとスピード感の大きな違いにきっと気付くはず。クロスバイクは想像以上に軽快です。近くのショッピングモールで過ごす休日、駅や会社・学校までの毎日の道のりを、クルマや電車、シティサイクルなどからクロスバイクに乗り換えるだけで、今まで感じることができなかった充実感やすがすがしい空気を感じることができます。

クロスバイクの魅力③

いい意味でどっちつかずな使い勝手が最高!

クロスバイクで近郊をサイクリング

クロスバイクはロードバイクのような競技志向の自転車でもなければ、マウンテンバイクのような悪路走行に特化した自転車でもありません。いい意味でどっち付かずな使い勝手の良さがあります。シティサイクル的な使い方から、1dayサイクリング、キャリアを装着して数泊分の荷物を積載してのロングツーリングなど、幅広い楽しみ方が可能です。普段は自転車通勤、休日にはデイパックにランチを入れて少し離れた公園や土手、海岸までサイクリング、年に数回のまとまった休みには遠くへ輪行ツーリングというのもいいかも知れません。

3.初心者におすすめしたい!クロスバイクの楽しみ方

玄関を開けたらすぐフィールド!いつでも気軽に気楽に楽しむことができます。環境にもカラダにもココロにもよいクロスバイクの楽しみ方はさまざま。

自転車通勤

満員電車の苦痛からの解放。運動不足解消。仕事のストレス発散!!

クロスバイクで自転車通勤|おすすめの乗り方

自転車通勤なら、朝晩の通勤電車のラッシュから解放されます。また、満員電車での「汗」より、自転車をこいでいる「汗」のほうがはるかに気持ちよく爽快で、仕事のストレス発散にもなります。たまには早く出て途中のカフェで一服というのもおすすめです。きっと気持ちのいい1日が始まるはず。クロスバイクなら15~20km程度の自転車通勤はだいたい1時間前後なので、じつは電車通勤のドアtoドアとほぼ変わらない場合が多いです。運動不足解消やダイエットを目指している方にはおすすめの愉しみ方です。

近所の自転車散歩

週末、身近なエリアをポタリング。春なんか黄色い菜の花が咲いていたりしてホント綺麗です。

クロスバイクで河川敷をサイクリング|おすすめの乗り方

身近な河川敷のサイクリングロードや地元をポタリング。休日はこれにかぎります。クロスバイクはアップライトな姿勢だから景色を愉しむことが出来ます。暖かな日差し、爽やかな風を感じながらのサイクリングは「ココロ」も「カラダ」もリフレッシュ間違いナシ。友人と、家族と、あるいは夫婦、カップルで。誰かと一緒に自転車に乗るとさらに楽しいものです。

日常の足をクルマから自転車へ

週末のちょっとしたお出掛けをクルマからクロスバイクへ乗り換えてみる。

クロスバイクでお出掛けサイクリング|おすすめの乗り方

カップルやご夫婦で、週末のお出掛けやランチなどの足としてもクロスバイクはおすすめです。たまにはクルマからクロスバイクに乗り換えて出掛けてみるのもとても気持ちよかったりします。ちょっと離れたショッピングモールまで自転車で出かけるのって意外と新鮮だったりします。

4.クロスバイク選びの着眼ポイント

クロスバイクを価格で選ぶ

~10万円のクロスバイク

10万円未満のクロスバイク

初心者に最も人気なコストパフォーマンスの高いクロスバイクです。ママチャリとは比べ物にならない軽快性を持っています。また、強度も高く、長く乗れる一台です。スタンドや泥除けなどを付けて自分仕様にカスタマイズしている方も多く、自転車通勤をはじめてみたい方にもオススメです。

<こんな人にオススメ>
・~10km程度の自転車通勤を考えている
・最初の1台だからリーズナブルなもので様子をみたい
・普段は街乗りメイだけどサイクリングも楽しみたい

10万円以上のクロスバイク

10万円以上のクロスバイク

より軽く、より振動吸収性に優れたタイプです。車体が軽くなることでスピード性能がアップ!タイヤが細くなる傾向があり、川沿いのサイクリングロードなどを軽快に走りたい方にはオススメです。モデルによっては振動吸収性が優れていているカーボンフレームであったり、お尻が痛くなりにくい乗り心地の良い設計であったりと、長時間走っても疲れにくいような工夫がされています。 ロングライドにぴったりのクロスバイクです。

<こんな人にオススメ>
・休日のサイクリングメイン
・快適にロングライドをしたい
・スピード感も味わいたい

クロスバイクを機能・特徴で選ぶ

カーボンフロントフォーク付き

最近、ロードバイクのフレームの主流になりつつあるカーボン。そのメリットには、車体の軽量化、剛性が高くパワーをロスしないなどいくつかありますが、中でも注目が振動吸収性の高さです。クロスバイクのフレームは、アルミであることが多いですが、フォークの部分は車種によって違います。
たとえば毎日クロスバイクで自転車通勤する方や、休日はサイクリングロードで長めの距離を走る方、いつも通る道の路面状況がよくないなどの時には、カーボンフォークが疲れを軽減してくれるでしょう。

サスペンションフォーク付き

前輪をはめている部分をフォークといいます。通常のフォークが「リジットフォーク」、バネが内蔵されているのが「サスペンションフォーク」です。
サスペンションフォーク付のクロスバイクは段差やガタガタ道も問題にせず走ります。しかし車体が重たくなり、舗装路を走っている時にもサスペンションが動いてパワーロスするデメリットも。
一方、リジットフォークのクロスバイクは軽量性や故障箇所が少ない頑丈さが特徴です。また、通常の歩道と車道の段差などは全く問題なく越えられます。使い方に合わせてどちらが自分に合うか、想像してみましょう。

ディスクブレーキを搭載

ディスクブレーキは天候や路面状況にかかわらず大きな制動力を発揮します。ワイヤー式のものと油圧式のものがありますが、なかでも油圧式のものは、指1本の軽いタッチで確実なブレーキングが可能。雨の日も通勤するという方に最適です。
また、ディスクブレーキの魅力に見た目のよさを挙げる方も多いです。ディスクの存在感が乗り物としてのカッコよさを上げています。

フレームがカーボン素材

ロードバイクでも使用されているような高級パーツを使用し、快適性とスピード性能を最高レベルまで上げています。ロードバイクにも引けを取らない軽さと、フラットハンドルでアップライトな乗車姿勢という乗りやすさを両立したクロスバイクと言えるでしょう。
トレックでは最上級のクロスバイクにはカーボンフレームを使用し、乗り心地は最高です!

振動吸収性を高める工夫がされているか

路面からくる振動をいかに抑えるか、というのが長時間自転車に乗るうえでは欠かせません。 舗装路といっても決してなめらかではなく、走行しつづけると次第に疲れがたまっていきます。 クロスバイクには、それらの振動を抑えて、体への負担を軽減するための工夫がなされています。
たとえば、ハンドルを握るグリップ部分。トレックのFXシリーズの中位モデル以上は、振動吸収性の高いゴム素材をハンドルに内蔵しています。 また、上位機種の7.5FXになると、ISO Zoneという振動を吸収する構造をフレームに取り入れています。 後輪からの突き上げをISO Zoneダンバー部分が縮むことで軽減、お尻への負担を少なくします。

タイヤの太さの違いで乗心地とスピード感が変わる

タイヤの太さは、走りの軽快さや乗り心地に関係します。軽快な走りを求めるなら細め、安定感を求めるなら太めのものを選びます。クロスバイクのタイヤのサイズは700×32C、700×28Cなど、いくつか種類があります。700というのはホイールの大きさで、後ろの●Cというのがタイヤの太さを表しています。
32Cは、少し太めですがその分安定感があり段差なども気にすることなく走れます。空気の量も多いので、乗り心地がいいのも特徴です。
28Cは、軽快さが出てきます。スピード感も楽しみたい方にオススメです。
25Cは、もはやロードバイク並みの細さ。安定感は劣りますが、地面との接地面は少なく、シャーッッっと軽い走りを体感できます。

5.クロスバイク選びで一番大事なことはコレ

カラダに適したサイズを選ぶこと!

サイズ展開が多いブランド、試乗をさせてもらえるお店が安心です。

クロスバイクには「サイズ」が存在します。 身長や股下、腕の長さに合ったフレームサイズを選ぶことが大切です。大きすぎても、小さすぎても、乗りにくくなってしまいます。 TREK(トレック)のクロスバイクはサイズ展開も多く、身体に合った1台を選択できるのも魅力。 小柄な方でも乗れる小さめのサイズをそろえた女性専用車体もあります。サドルの幅が広くて座りやすなど女性のためにデザインされています。 サイズ選びや乗りやすいサドルの高さは、店頭でしっかりとフィッティングを行うことが大切です。実際に試乗も可能ですので、ぜひ試乗してみましょう。各店で私たちがご案内致します!

クロスバイクを購入されたお客様の声をご紹介しています。

お客様の声

バイクプラスでクロスバイクを購入されたお客様の声をご紹介しています。中には週末のロングライド用にロードバイクを新調し、使い分けているお客様もいらっしゃいます。

ページの先頭へ戻る