HOME

スポーツ自転車を愉しむ 自転車通勤 交通ルールとマナー

自転車通勤するなら知っておきたい交通ルール

1.自転車は車道が原則、歩道は例外

自転車は車道走行が原則 自転車は車道走行が原則

自転車は道路交通法上、「軽車両」です。自動車や自動二輪と同じ「車両」なので、歩道と車道の区分のあるところでは、自転車は車道を通行するのが原則です。また、自転車道がある場合は、そこを通らなければなりません。

2.車道は左側を通行

自転車は左側通行 自転車は左側通行

自転車は、車道の左側を通行しなければなりません。右側通行は、対面する自動車や自転車にとって大変危険です。自転車道を通行する場合も左側を走行しましょう。
自転車は、歩行者の通行に大きな妨げとなる場合や白の二本線の標示のある場合を除き、路側帯(白の一本線内)を通ることができますが、歩行者の通行を妨げないような速度と方法で進行しましょう。

3.歩道は歩行者優先で、車道寄りを通行

自転車の歩道通行可の標識 自転車の歩道通行可能を知らせる標識

自転車も例外的に歩道を通行できる場合があります。それは、「自転車歩道通行可」の標識がある場合、子供や高齢者などが運転している場合、車道または交通の状況からみて、やむを得ない場合、です。
しかし、歩道上ではあくまでも歩行者が優先です。歩道を走る時は、歩道の車道寄りまたは指定された部分をすぐに停止できる速度で走り、歩行者の妨げとなる場合は一時停止しなければなりません。

4.安全ルール

1)二人乗りはしない
  【罰則】2万円以下の罰金又は科料
2)信号を守る
  【罰則】3カ月以下の懲役又は5万円以下の罰金
3)並んで走らない
  【罰則】2万円以下の罰金又は科料
4)一時停止と安全確認をしっかり行う
  【罰則】3カ月以下の懲役又は5万円以下の罰金
5)飲酒運転はしない
  【罰則】5年以下の懲役または100万円以下の罰金
6)傘さし運転はしない
7)夜間は必ずライトを点灯する
  【罰則】5万円以下の罰金
8)携帯電話、ヘッドホンは使用しない

5.ヘルメットを着用

ヘルメット着用 ヘルメットの着用をおすすめします!

万が一交通事故に遭ってしまった場合の被害を軽減させるため、ヘルメットの着用をおすすめします。
ヘルメットを着用し交通事故に遭ったり転倒してしまったりした多くの方々が、ヘルメットを着用していたことにより、被害や怪我を最小限に抑えることができています。

KEEP LEFT(キープレフト)|スマートに走ろう

TEAM KEEP LEFT|スマートに走ろう TEAM KEEP LEFT|スマートに走ろう
バイクプラスはキープレフトプロジェクトに協賛しています。

サイクリストの急増に比例して自転車が絡む事故が増加しています。これは、自転車通行帯の整備不足だけでなく、サイクリストのマナーの欠如やルール違反、ルール無知によるものと言えます。キープレフトは、自転車を安心して楽しめる環境作りを促すためのムーブメントです。

ページの先頭へ戻る