HOME

スポーツ自転車をはじめる 目的にあった自転車用品選び 自転車メンテナンス用品

自転車メンテナンス・ケア用品

日々のメンテナンスに必要な自転車用品

オイル<注油・潤滑>

とりあえず・・・なら、まずはコレ。

自転車用パーツクリーナー フィニッシュライン チェーンオイル フィニッシュライン チェーンオイル

金属パーツの多い自転車は水分が苦手。
チェーンなどには専用のオイルが必要です。

雨の日でも潤滑が長持ちするオイルや粘度が低く汚れの付きにくいオイルなど、天候や走る条件によっても種類を選べます。

スプレータイプの他に直接塗付するタイプもあり、メンテナンスの方法によっても使い分けられます。

ディグリーザー<脱脂・洗浄>

注油の前に洗浄しましょう

自転車用パーツクリーナー フィニッシュライン ディグリーザー フィニッシュライン ディグリーザー

油分を分解し汚れを落とすケミカルです。

中性洗剤のようにフレームなどの塗装面にも使用できるタイプと、チェーンやカセットスプロケットなど金属面にのみ使用するタイプがあります。

車体全体を洗浄したい場合は、個所によって使い分けます。

揮発性が高いので換気のよい場所でメンテナンスしましょう。

ブラシ<汚れ落とし>

頑固な汚れは専用の道具で落とします

フィニッシュライン ブラシセット フィニッシュライン ブラシセット

スポーツ自転車の構造はとてもシンプルですが、細かくて手の届きにくいパーツがあります。

専用のブラシやチェーンクリーナーなどを使えば驚くほど簡単に汚れを落とすことができます。

ディグリーザーを使用して水で洗い流すなどするとよりきれいにすることができます。

ブラシに付いた汚れが飛散することもあるので、屋外での作業がオススメです。

ポリッシュ<つや出し・保護>

仕上げはやっぱりワックス

フィニッシュライン ショウルーム フィニッシュライン ショウルーム&ウェス

スポーツ自転車のフレームに使用されるカーボンやアルミニウム合金など、あらゆる素材に使うことができます。

ブレーキなどのパーツにかからないようにフレームに吹き付けてからきれいな布で磨きます。

光沢が出るのと同時に塗装表面を保護してくれるので、フレームを雨や汚れから守ってくれます。

フロアポンプ<自宅用空気入れ>

数字で空気圧を確認できるゲージ付が必要です。

自転車用空気入れ ボントレガー ターボフィット ボントレガー ターボフィット

自宅に一本絶対必要なマストアイテムです。
自転車を始めるなら必ず用意しておきましょう。
空気圧は乗る前にかならずゲージでチェック。空気は膨らませた風船と同じで、乗っても乗らなくても時間が経つと少しずつ減っていくものです。
どんなタイヤの太さでも週に一回は空気圧を数値で確認したほうがよいでしょう。

タイヤによってそれぞれ空気圧の適正範囲が指定されています。タイヤサイドに記されているので確認してみましょう。

ツール<工具・携帯工具>

頻繁には使用しませんが「必需品」です。

工具 携帯工具  六角レンチ&ボントレガー マルチツール

サイクリングの最中に転倒したり、立てかけてあった自転車が倒れてしまったりなどトラブルが発生することがあります。
ハンドルの角度などが変わってしまったときや、出先でサドルの高さやレバーの角度などのセッティングを変更したくなった場合には工具が必要になります。
そういう時の為にひとつ持っておくべきアイテムが携帯工具です。
出先での作業は基本的に、4、5、6㍉の六角レンチとプラス・マイナスのドライバー程度があればまず不足はありません。

自宅の工具箱などに入れておくならば柄の長いものがいいでしょう。

各店ブログをチェック!

各店のブログで自転車用品の最新入荷情報やサイクリング情報などを更新しています!
そちらもチェックしてみてください。

ページの先頭へ戻る